化学業界情報 - M&Aキャピタルパートナーズ

無料相談受付中
トップ > 業界別M&A動向 > 化学業界情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

中業種:化学

業界定義

化学には、化学工業、プラスチック製品製造業、ゴム製品製造業、なめし革・同製品・毛皮製造業、窯業・土石製品製造業が分類される。

化学工業には、化学的処理を主な製造過程とする事業所及びこれらの化学的処理によって得られた物質の混合、又は最終処理を行う事業所が分類される。

石油製品・石炭製品製造業には、石油を精製する事業所、購入した原料を混合加工して潤滑油、グリースを製造する事業所、コークス炉による石炭の乾留を行う事業所、石炭を主原料として練炭、豆炭を製造する事業所、舗装材料を製造する事業所が分類される。また、石油コークス、膨潤炭など他に分類されない石油製品、石炭製品を製造する事業所も分類される。

プラスチック製品製造業には、プラスチックを用い、押出成形機、射出成形機などの各種成形機により成形された押出成形品、射出成形品などの成形製品を製造する事業所及び同製品に切断、接合、塗装、蒸着めっき、バフ加工などの加工を行う事業所並びにプラスチックを用いて成形のために配合、混和を行う事業所及び再生プラスチックを製造する事業所が分類される。

なめし革製造業、毛皮製造業及び各種のなめし革製品、再生革製品を製造する事業所が分類される。

窯業・土石製品製造業には、板ガラス及びその他のガラス製品、セメント及び同製品、建設用年度製品、陶磁器、炭化物、炭素及び黒鉛製品などを製造する事業所が分類される。

業界分析

石油や天然ガスを原料とする石油化学製品は、石油価格の乱高下による影響が大きく、脱ナフサ(粗製ガソリン)や原料の多様化が課題となっている。2008年の世界同時不況の影響で石油化学製品の需要が一気に冷え込んだが、中国をはじめとするアジア諸国の需要拡大と在庫調整が一巡したことにより、足元の業績は回復基調にある。

M&A動向

2010年10月1日に総合化学首位の三菱ケミカルホールディングスが合成繊維最大手の三菱レイヨンを完全子会社化し経営統合し、国内で業界初の売上高3兆円規模の企業グループが誕生した。

世界的に見れば、ドイツのBASFや米国のダウ・ケミカルが売上5兆円規模を誇る一方、国内の化学メーカーは企業数が多く、規模も小さいため更なる業界再編が期待される。

国内市場が伸び悩む中で、中国をはじめとするアジア市場の開拓の必要性が増しており、国境を越えた再編機運の高まりが予測される。

業界主要企業

(単位:百万円)
企業名 売上高 営業利益
三菱ケミカルホールディングス 3,088,577 90,241
住友化学 1,952,492 45,016
旭化成 1,666,640 91,960
東レ 1,592,279 83,436
三井化学 1,406,220 4,290
2012年度

業界動向

関連ニュース

▼その他の関連ニュースを表示



関連売却情報

業種
概算売上高
所在地
包装資材製造・卸 500百万円
首都圏

関連買収情報

業種
買収予算
所在地
フィルム関連のメーカー 新着M&A情報 1,000百万円
全国(関西が望ましい)
化学品商社(ゴム、塗料・インキ用原材料・製品など) 新着M&A情報 応相談
全国
化学品・住宅資材・情報電子の卸売業者 新着M&A情報 応相談
全国
化成品全般の包装資材業者、広告代理店 500百万円
全国
プラスティック成型 応相談
関東

関連業界

石油業界国内の需要が減少する中、10年4月に新日本石油と新日鉱ホールディングス...
医薬品業界医薬品製造業とは、薬事法により、厚生労働大臣の許可を受けて、医薬品の製...
化粧品業界人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは...
食料品業界食料品製造・卸業は、以下の製造・卸を行なう事業をいう。 (1)畜産加...



当社は、化学業界における大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。

経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問合せください。



売却のお問い合せ


買収のお問い合せ

買収ニーズ募集
M&A案件情報 M&Aデータベース