業界別M&A動向

化学業界のM&A動向大業種: 製造業

業界定義

化学には、化学工業、プラスチック製品製造業、ゴム製品製造業、なめし革・同製品・毛皮製造業、窯業・土石製品製造業が分類される。

化学工業には、化学的処理を主な製造過程とする事業所及びこれらの化学的処理によって得られた物質の混合、又は最終処理を行う事業所が分類される。

石油製品・石炭製品製造業には、石油を精製する事業所、購入した原料を混合加工して潤滑油、グリースを製造する事業所、コークス炉による石炭の乾留を行う事業所、石炭を主原料として練炭、豆炭を製造する事業所、舗装材料を製造する事業所が分類される。また、石油コークス、膨潤炭など他に分類されない石油製品、石炭製品を製造する事業所も分類される。

プラスチック製品製造業には、プラスチックを用い、押出成形機、射出成形機などの各種成形機により成形された押出成形品、射出成形品などの成形製品を製造する事業所及び同製品に切断、接合、塗装、蒸着めっき、バフ加工などの加工を行う事業所並びにプラスチックを用いて成形のために配合、混和を行う事業所及び再生プラスチックを製造する事業所が分類される。

なめし革製造業、毛皮製造業及び各種のなめし革製品、再生革製品を製造する事業所が分類される。

窯業・土石製品製造業には、板ガラス及びその他のガラス製品、セメント及び同製品、建設用年度製品、陶磁器、炭化物、炭素及び黒鉛製品などを製造する事業所が分類される。

業界分析

石油や天然ガスを原料とする石油化学製品は、石油価格の乱高下による影響が大きく、脱ナフサ(粗製ガソリン)や原料の多様化が課題となっている。2008年の世界同時不況の影響で石油化学製品の需要が一気に冷え込んだが、中国をはじめとするアジア諸国の需要拡大と在庫調整が一巡したことにより、足元の業績は回復基調にある。

M&A動向

2010年10月1日に総合化学首位の三菱ケミカルホールディングスが合成繊維最大手の三菱レイヨンを完全子会社化し経営統合し、国内で業界初の売上高3兆円規模の企業グループが誕生した。

世界的に見れば、ドイツのBASFや米国のダウ・ケミカルが売上5兆円規模を誇る一方、国内の化学メーカーは企業数が多く、規模も小さいため更なる業界再編が期待される。

国内市場が伸び悩む中で、中国をはじめとするアジア市場の開拓の必要性が増しており、国境を越えた再編機運の高まりが予測される。

業界主要企業

企業名 売上高 営業利益
三菱ケミカルホールディングス 3,498,834 110,460
住友化学 2,243,794 100,842
旭化成 1,897,766 143,347
東レ 1,837,778 105,253
三井化学 1,566,046 24,899

(単位:百万円)

関連ニュース

2015-05-14エア・ウォーター(4088)、川崎化成工業(4117)にTOB1株210円
2015-05-12日本曹達(4041)、三和倉庫(9320)を株式交換で完全子会社化
2015-04-30江守グループ(9963)が民事再生申請、興和紡とジェイ・ウィルがスポンサーに
2015-04-27アイカ工業(4206)、昭和電工のフェノール樹脂事業を取得
2015-04-20太陽ホールディングス(4626)、中外化成を子会社化
2015-04-13日本ペイント(4612)、独塗料メーカーB&K社を子会社化
2015-04-09クラレ(3405)、豪バリアフィルム事業会社を子会社化
2015-04-01武田薬品(4502)、水澤化学工業を大阪ガス子会社に譲渡
2015-03-31タキロン(4215)、日本ポリエステルを子会社化
2015-03-27ピクセラ(6731)、チヨダウーテ(5387)に子会社株式を譲渡
2015-02-27日清紡(3105)、紳士シャツSPA最大手の東京シャツを買収
2015-02-24旭化成(3407)、米国ポリポア社を買収 2600億円
2015-02-17片倉チッカ(4031)とコープケミカル(4003)が経営統合
2015-02-04三菱ガス(4182)、JSP(7942)をTOBで連結子会社化
2015-01-28積水樹脂(4212)、日本ライナーを子会社化
2015-01-08住友ゴム工業(5110)、スイスの医療用ゴム部品メーカーを買収
2014-12-24住友化学(4005)、田中化研(4080)の筆頭株主に
2014-12-11電気化学工業(4061)、米デュポンからクロロプレンゴム事業取得
2014-12-10東レ(3402)、イタリア企業から炭素繊維織物・プリプレグ事業を買収
2014-11-27日本農薬(4997)、インドの中堅農薬製造販売会社を買収

関連業界

石油業界国内の需要が減少する中、10年4月に新日本石油と新日鉱ホールディングス...
医薬品業界医薬品製造業とは、薬事法により、厚生労働大臣の許可を受けて、医薬品の製...
化粧品業界人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは...
食料品業界食料品製造・卸業は、以下の製造・卸を行なう事業をいう。 (1)畜産加...

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop