TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00

メニュー

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00

M&Aのリテイナーフィーとは?

~M&A検討時の諸費用その3~

リテイナーフィーとは?

リテイナーフィー(リテイナー)とは、M&Aアドバイザリー会社やM&A仲介会社に支払う月額報酬(定額顧問料)のことで、譲渡(売却)、譲受(買収)いずれの検討時も必要となります。

着手金のことをリテイナーフィーと呼ぶこともあります。リテイナーフィーの相場は、難易度や活動するコンサルタントの“格”によって決められますが、M&A会社によっては、当社(M&Aキャピタルパートナーズ)のようにリテイナーフィーを必要としない(中間報酬と成功報酬のみ)の会社もあります。

M&Aにおけるリテイナーフィーの相場

M&A会社を利用する際のリテイナーフィーは、リテイナー契約を締結した後で必要となる場合があり、その場合は月額固定金額が一般的です。特に基準となる相場はありませんが、依頼内容の難易度や、担当するコンサルタントの技量に応じた人件費によって数十万円以上の月額の金額が決まるといわれています。

また、6ヶ月間、1年間といった最低契約期間も取り決めがなされているので「月額報酬×契約期間」がリテイナーフィーの総額だと理解してください。

リテイナーフィーを支払う前に検討すること

リテイナーフィーは、譲渡(売却)側であるオーナー経営者の企業や、譲受(買収)側の企業に関する現状の分析や調査、M&A戦略の立案、具体的なM&A候補先の調査・探索や、訪問、面談にかかる工数にかかる一連のM&Aコンサルタント活動費用であり、人数と活動量によって、数十万円からとなりますが、活動費という費用の性格からも分かるとおり、一度支払われたら戻らない費用ですので、きちんと支払った分だけ活動をするのか、その結果十分な成果を期待できるのか、当事者で見極める必要があります。

着手金とリテイナーフィーの定義は厳密には異なるのですが、その境界はあいまいで、「着手金のみ」、「リテイナーフィー」のみ、「着手金+リテイナー」といった手数料体系を提示するM&A会社がありますが、いずれもM&A会社の一定の活動に対する報酬ですので、総額で考えることと、一度支払ったら戻らない費用であることを認識した上で検討する必要があります。

また、M&Aで会社の売却意思が固まっているのであれば、リテイナーフィーの支払いについては抵抗が少ないと思いますが、「将来の選択肢のうちの1つとしてM&Aを検討したい」といったオーナー経営者にとっては、リテイナーフィー支払いはムダ金になってしまうという問題があるようです。

リテイナーフィーの支払いについても、オーナー経営者個人で支払うのであればまだしも、会社の経費としてリテイナーフィーを支払う際は、社内の経理担当者などに何の費用なのか説明しにくいといった問題点もあるようです。

また、M&Aで買収を検討している企業の担当者にとっても同様に、リテイナーフィーの支払いに躊躇するケースがよく見受けられます。このような状況を踏まえ、M&Aキャピタルパートナーズではリテイナーフィーを無料とし、成功報酬型の手数料体系をご提案しています。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

着手金無料の報酬体系
安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

M&Aへの想い コンサルタント紹介 M&Aストーリー
信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

M&A成約実績 メディア掲載実績 セミナー実績

M&Aご成約事例
“それぞれの選択”

弊社にてM&Aを成約した
オーナー経営者様のインタビュー

セミナー開催情報

お電話でお問い合わせ

TEL.03-6880-3800
受付時間:
平日10:00~20:00

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00