M&Aを成功に導く外部サポート体制

M&AをサポートするM&Aアドバイザリーとは?

M&Aの実務や諸手続きについては、弁護士、会計士、税理士、M&Aコンサルタント等がさまざまな著書を出しており、その一端を知ることができるものの、フェーズごとに高度な専門知識が必要ですし、豊富な実務経験や、生身の人間同士の交渉をまとめ上げる十分な経験が必要なため、これらを踏まえて実際にM&Aを進めていくのは困難を極めるといえます。

譲渡を検討するオーナー経営者にとって、機密保持、バリュエーション、マッチング、手法の選択、条件交渉からデューデリジェンス対応、契約書の締結、クロージングまで、1人で秘密裏のうちに進めていくのは困難です。また譲受を検討する企業側にはデューデリジェンスの実施、契約手続、クロージング、pmi等・・・それなりの体制と高度に専門的な知識が必要であり、社内で賄いきれないでしょう。そのため、M&Aに関する外部の専門家(M&Aアドバイザリー)を一部招聘する必要があります。

通常、外部から招聘する専門家としては、証券会社や銀行、独立系・M&A専業ファーム(M&Aブティック)等が務めるフイナンシャル・アドバイザー(FA)のほか、法務デューデリジェンスや交渉代理、契約書作成等を担当する弁護士、財務・税務デューデリジェンス等を担当する公認会計士や税理士などが挙げられます。

M&Aをサポートする外部専門家(M&Aアドバイザリー)

ファイナンシャル・
アドバイザー(FA)

案件推進に関する全般的な助言、買収対象企業との交渉支援、企業価値評価、買収資金の調達方法の提案、買収スキームの提案、各種デューデリジェンス(DD)のアレンジ等、案件全般にわたる実務面での支援を担う役割を担います。依頼者(売り手側、買い手側)の要請に応じてそれぞれ就きますが、仲介と言う形で予め当事者の承諾を得た上で入ることもあります。

弁護士

基本合意書や最終契約書等の契約書作成あるいはリーガルチェック、法務デューデリジェンスの実施、買収スキームの検討を支援します。場合によっては買収企業との交渉代理等も行います。

公認会計士・税理士

財務デューデリジェンス・税務デューデリジェンスの実施、買収に伴う会計処理に関する助言、買収に伴う税務に関する助言を買収スキームの検討等を支援します。

M&Aのサポートを誰に頼むか

外部専門家の招聘に関して、譲渡を検討するオーナー経営者は顧問弁護士や顧問税理士、あるいは取引先の地元の金融機関に相談するケースが多いですが、ことM&Aの相手探しや交渉事おいては不慣れなケースが少なくありません。それ以前に士業の先生や地方金融機関ではマッチングの相手候補探索が網羅的でなく、オーナー経営者にとってベストな相手を探すのであれば、M&A専業ファーム(M&Aブティック)への相談がよいでしょう。

士業の先生や金融機関には、相手が見つかった後のデューデリジェンス支援等で活用するのがよいでしょう。

譲受検討企業についても同様で、普段付き合いのある弁護士や会計士がM&Aに精通しているかどうかを見極めることが重要になります。

あまりM&Aの経験がないようであれば、M&A専業ファーム(M&Aブティック)への相談を通じて譲渡検討企業を探索し、先に進むようであれば、プロジェクト推進に必要な専門家をコーディネートしてもらうことをおすすめします。

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop