レーマン方式とは?~M&A成立時の成功報酬~

成功報酬への移行

もともと、M&A仲介においては、「レーマン方式」と呼ばれる報酬算出基準があり、その基準で算出される「成功報酬」が全体の報酬のほとんどを占めています。

M&A仲介会社に支払う成功報酬額は、同じレーマン方式でも、「移動総資産レーマン」(株式価額+負債総額)「企業価値レーマン」(株式価額+有利子負債額)「株価レーマン」(株式価額)と、仲介会社によって算出基準が異なりますので、M&Aコンサルタントに確認し、オーナー経営者自身で見極める必要があります。「成功報酬の割合が多いのであれば、着手金は不要ではないか」という話にもなりますが、M&A仲介会社に依頼すれば必ず相手が見つかり、交渉がまとまり、M&Aが成立するというわけではない一方で、1つ1つ丁寧に書類を精査し、資料を作りこみ、時間をかけて準備していきますので、依頼を受ける側としては、着手金を無料にするというのはなかなか難しいことです。

大手のM&A仲介会社でも、売り手・買い手双方に着手金の支払いを求めたり、買い手片方から着手金の支払いを求めているのが現状です。

M&Aキャピタルパートナーズでは、M&Aの検討が必要なオーナー経営者に対してまだ十分な提案が行き届いていないと感じており、入り口の検討段階で必要な費用である着手金を無料とすることで、M&Aを選択肢としてとらえ、その可能性をオーナー経営者に判断してもらう機会を増やしたいと考えています。

M&Aを検討する際の自社の企業価値を知り、具体的な候補を絞り、相手から条件の提示出て、初めて選択肢となりうるのだと考えています。また、成功報酬についても、「株価レーマン」で、オーナー経営者が得た株式譲渡対価に応じた成功報酬体系ですので、他の報酬算出基準と比べても納得感のある手数料体系であると考えています。

M&A仲介の諸費用を知って、仲介会社起用の是非を検討しよう

各社の売上高と成約件数からもお分かりの通り、M&A仲介にかかる費用は各社様々ですが、着手金から成功報酬まで含めて、数千万円はかかります。確かにかなり高額な費用になりますが、オーナー経営者はそれだけの費用を支払ってでも解決したい重要な課題があり、納得のいくお相手先と納得のいく条件でM&Aが成立するよう、誠心誠意尽くすのが私たちM&A仲介者の仕事です。

そして、その先には、支払った諸費用を大きく超えるM&Aのメリットがあります。オーナー経営者の皆さまにメリットを感じてもらえるよう1つ1つ提案を増やしていきたいと考えています。ぜひ私たちの提案に耳を傾けていただき、仲介会社の起用の有無や、どの仲介会社を起用するのかは、オーナー経営者自身でご判断ください。

当社は、大小様々なM&Aニーズを豊富に保有しています。
経験あるスタッフがきめ細かく対応させていただきますので、
無料相談メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

icon tel

03-6880-3800

受付時間 line 平⽇ 10:00〜20:00

メールでのお問い合わせはこちら
pagetop