TEL.03-6880-3800

メニュー

業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 航空機
    航空機業界

    航空機業界とは、飛行機・滑空機・飛行船及び気球のような航空機の製造を行う事業のことを指す。主な業務内容には、航空機の開発・設計や、生産技術、現業・技能がある。開発・設計は、新技術や新しい素材を活用し、航空機の性能や機能、デザインを部品から開発・設計する業務である。生産技術とは、部品の製造や組立の手順や使用する機械などを計画する業務である。効率の良い製造工程を実現するために、開発・設計者との調整も行う。現業・技能とは、実際に部品の製造や組立を行う業務である。製造機器のオペレーションや、手作業による工程を担当する。

    航空機業界の
    M&A動向はこちら
  • 自転車
    自転車業界

    自転車製造業とは、主として自転車およびその部品を製造・販売する事業のことを指す。自転車はその使用用途によって様々な自転車があり、種類は大きく分けてロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、シクロクロス、ピストバイク、ミニベロ、ファットバイク、シティサイクル(ママチャリ)、折りたたみ自転車、電動アシスト自転車の10種類がある。それぞれの自転車の種類、また自転車のそれぞれの部品を専門で製造して供給している企業も存在する。

    自転車業界の
    M&A動向はこちら
  • 事務用品
    事務用品業界

    事務用品業とは、企業や官公庁、店舗などにおいて、文具として分類されている「筆記用具」「描画材」「事務用紙製品」「事務用品」などを製造・販売する事業のことを指す。「筆記用具」には鉛筆や万年筆、シャープペンシル、油性ボールペン、水性ボールペン、油性マーカー、水性マーカーなどがある。「描画材」にはクレヨン、絵の具、鉛筆の芯、塗料、除去剤などがある。「事務用紙製品」にはノート、封筒、手帳、アルバム、ルーズリーフ、レポート用紙などがあり、「事務用品」にはファイル、粘着テープ、印章類、ラベル類、事務用のり、黒板類、修正テープ、カッター、ステープラー、消しゴム、文具ハサミ、電子辞書、定規、付箋などがある。

    事務用品業界の
    M&A動向はこちら
  • ガラス・土石製品
    ガラス・土石製品業界

    ガラス・土石製品業はガラス製品や、土石製品であるセメント製品、陶磁器製品などを製造する事業のことを指す。具体的には、ガラス製品には、板ガラスやテレビ、スマートフォンの液晶パネル用ガラス、ガラス容器および理化学用・医療用ガラス製品がある。土石製品のうちセメント製品には、セメントおよび生コンクリート、コンクリート製品および建設用粘土製品、土石製品のうち陶磁器製品には、陶磁器や耐火物、炭素および黒鉛製品、ほうろう鉄器、研磨材料、骨材、石工品、石膏製品、石灰および石綿製品等がある。

    ガラス・土石製品業界の
    M&A動向はこちら
  • 事務機
    事務機業界

    事務機製造業とは、事務機を製造する事業のことを指す。事務機とは、主に事務全般で用いられる複合機、プリンター、スキャナー、FAX、それらの機能が一つにまとめられている複合機、プロジェクター、シュレッダー、ビジネスフォンがあげられる。また、その他の事務機としてレジなどのPOS(Point of Sales)関連機器や金融・保険業における高速入出力機等のOA (オフィス・オートメーション) 機器などその業種で専門の事務機も存在する。その他にオフィス家具、什器、ステーショナリーが含まれることがあるが、今回の定義からは除外する。

    事務機業界の
    M&A動向はこちら
  • 熱供給
    熱供給業界

    日本標準産業分類によると、熱供給業は、一般の需要に応じ蒸気、温水、冷水等を媒体とする熱エネルギー又は蒸気もしくは温水を導管により供給する事業のことを指す。主な熱供給先は、ショッピングセンターやオフィス、病院、マンション、学校、住宅等となっている。熱供給業を営む場合は、公益事業を定める日本の熱供給事業法に基づき、エネルギー供給事業の一つとして事前に経済産業大臣の登録が必要になっている。

    熱供給業界の
    M&A動向はこちら
  • 映画館
    映画館業界

    映画館業界を定義するため、まずは映画業界について定義したい。映画業界は、主に映画の企画と製作を行う製作会社、映画館へ映画を配給する配給会社、映画館を運営する興行会社で構成される。ここでは、興行会社である映画館に焦点を当てて説明をする。映画館は、大きなスクリーンを観客席の正面に配置し、映写機によって作品を投影する仕組みとなっている。映画館の設立に関しては、興行場法により都道府県知事の許可が必要である。国内の映画館には、全国展開する大手映画館と、地域単館系と呼ばれる小規模映画館が存在する。

    映画館業界の
    M&A動向はこちら
  • 海運
    海運業界

    海運業とは、海上を利用した旅客輸送や貨物輸送、また船舶の貸し渡しを行い利益を得る事業のことを指す。貨物輸送は、輸送するものによって貨物コンテナ(雑貨・食料品等)、油槽船(別名オイルタンカーとも呼ばれ、原油・LNG・LPG等を輸送)、ばら積み貨物船(石炭・鉄鉱石・木材・穀物等)、自動車船、セメント専用船等の船舶が活用されている。運行領域が国内から国内の港への海上輸送は内航海運といい、国内以外を外航海運という。日本は世界でも有数の海運国家であり、世界の海上輸送量の約1割を日本の海運業者が運んでいる。

    海運業界の
    M&A動向はこちら
  • 造船・重機・プラント
    造船・重機・プラント業界

    造船業とは、海運会社等の船主から注文を受けて船舶の建造、修繕等を行う事業のことを指す。重機業とは、重工業や建築・土木で使用される機械を製造・販売・修繕等を行う事業のことを指す。プラント業とは、プラント(工場設備)の建設に関わる事業のことを指す。工場の種類としては発電や石油精製、石油化学、製鉄、都市ごみ処理・清掃工場が挙げられる。

    造船・重機・プラント業界の
    M&A動向はこちら
  • 映像
    映像業界

    映像制作業とは、映画や、ドラマ・バラエティ・ドキュメント・報道などのテレビ番組、アニメーション、映画・テレビ・インターネットなどのCM、学校・会社のセミナーなどの教育用映像の制作・配給を行う事業のことを指す。プロデューサーやディレクター、映像クリエイター、編集者、カメラマン、ライトマン、シナリオライター、音声スタッフなど多くの職種によって成り立っている。

    映像業界の
    M&A動向はこちら

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

まずはお気軽にご相談ください(秘密厳守)