TEL.03-6880-3800

メニュー

業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 百貨店
    百貨店業界

    百貨店とは、経済産業省の日本標準産業分類によると、衣・食・住にわたる各種商品を小売りし、そのいずれも小売販売額の10%以上70%未満の範囲内にある事業所の中で、従業者が50人以上の事業所かつ、売場面積が東京特別区及び政令指定都市で3,000平方メートル以上、その他の地域で1,500平方メートル以上の事業所のことを指す。売場面積の50%以上についてセルフサービス方式を採用している事業所(スーパーに分類される)は除く。しかし、法的な定義付けは不明確であるため、一般社団法人日本百貨店協会に加盟していることで、百貨店に定義されるという観点もある。

    百貨店業界の
    M&A動向はこちら
  • 紙パルプ
    紙パルプ業界

    紙・パルプ会社とは、古紙・パルプ(木材)を原料に、各種の紙や板紙製品を製造する事業者のことを指す。これらに加え、紙から紙加工品を製造する事業所も紙・パルプ業界に含まれることもある。原料は、約6割が古紙、約4割がパルプ(木材)の割合で、主な用途は、印刷情報用紙や新聞用紙、包装用紙、トイレットペーパーやティッシュ等の衛生用紙などがあげられる。

    紙パルプ業界の
    M&A動向はこちら
  • 電気機器
    電気機器業界

    日本標準産業分類(中分類)によると、電気機械器具製造業とは、電気エネルギーを発生させる機器や貯蔵する機器、送電する機器、変電する機器、そして動力源として利用する機器などを製造する事業者を指す。電気機械器具製造業は、発電機や変圧器などの大型電気機器に分類される工業用電気機器(重電機器)と、冷蔵庫や洗濯機などの家電(軽電機器)に分けられる。ここでは、工業用電気機器を電気機器と指すこととする。工業用電気機器は、ボイラやタービンなどの「発電用原動機」、発電機や電動機、モーターなどの「回転電気機械」、変圧器や電力変換装置などの「静止電気機械」、配電盤や開閉機器などの「開閉機器」の4つに分類される。

    電気機器業界の
    M&A動向はこちら
  • バス・タクシー
    バス・タクシー業界

    バス業とは、道路運送法の旅客自動車運送事業に従い、バスを運行する事業を指す。バスの運行形態は大きく分けて、決められた経路を決められた時刻で運行する乗合バス(路線バス)とチャーターし運行される貸切バス(観光バス)がある。タクシー業とは、道路運送法の一般乗用旅客自動車運送事業に従い、タクシーを運行する事業を指す。タクシーの運行形態は一般的なタクシー業以外にも、介護・福祉タクシーや、運転代行業、荷物の運搬などがある。2019年末から流行しているコロナウイルス感染症による特例措置として、出前などを含めた物資の配送が一時的に認められている。

    バス・タクシー業界の
    M&A動向はこちら
  • 金属製品
    金属製品業界

    金属製品製造業とは、鉄鋼や非鉄金属などの金属精錬製品を原材料として、金属部品や最終製品に加工し、販売することを指す。主な金属製品は、食缶・金属プレス製品・機械刃物・作業工具・鉄骨・橋梁・鉄塔・サッシ・シャッター・金網・バネ・ねじなど機械部品や比較的小型の最終製品である。金属製品製造業で製造される製品は多岐に渡り、それぞれの業績はそれぞれの最終消費業界の動向に影響されやすい。金属製品製造業は、日本のものづくり産業を支える高い技術力を持った企業が多く、特定製品のみを製造する中小零細企業が多い業界である。

    金属製品業界の
    M&A動向はこちら
  • 電力
    電力業界

    電力会社とは、電力を発電、配電、送電することを主要な収益源としている事業者を指す。電力事業における配電とは、送電網から変電所を経由して受電した電力を需要家に供給するための配電網システムの構築とその運用のことを指し、電線路の一部を形成する。送電とは、発電所で発電した電力を配電網に供給するため、送電網システムの構築とその運用を行うことを指し、こちらも電線路の一部を形成する。

    電力業界の
    M&A動向はこちら
  • リサイクル
    リサイクル業界

    リサイクル業界は、「不用品回収業者」と「リサイクルショップ」に分けられる。不用品回収業者は、不用品を回収している事業者のことを指す。対象の不用品は家電・家具・洋服など多岐に渡る。リサイクル費用を支払う場合と不要品の価値を買い取ってくれる場合があり、24時間365日対応している事業者もある。リサイクルショップは、回収した不要品を再販売する業者のことを指し、店舗でリサイクル品を販売している業態と、インターネットでリサイクル品を販売している業態がある。

    リサイクル業界の
    M&A動向はこちら
  • 電子部品
    電子部品業界

    電子部品業界は、自動車やスマートフォンなどに組み込まれている電子部品などを製造している業界のことを指す。電子部品とは、電子回路に使用する部品のことを指し、「能動部品」「受動部品」「機構部品」に分類される。能動部品とは、入力部と出力部を持っており、与えられた指令によって特定の電力を出力する電子部品を指し、トランジスタ・IC・ダイオードがこれに該当する。受動部品とは、電力を消費・放出・貯める機能を持つ電子部品を指し、コンデンサ・抵抗・コイルがこれに該当する。機構部品とは、部品自体に電気的な機能はなく、スイッチ・コネクタ・基板などの電子部品がこれに該当する。

    電子部品業界の
    M&A動向はこちら
  • 家具・オフィス
    家具・オフィス業界

    家具とは、室内で日常的に使用する道具のことを指し、具体的には椅子や机、ソファー、ベッド、棚、シューズボックスなどがあげられる。家庭で使用する家庭用家具のほかに、仕事で使用するオフィス用家具があり、オフィス用家具専門の通販サイトなども存在する。家具の歴史は古く、古代エジプト時代に発明された「のこぎり」による加工技術の発達から、高度な家具が製造されている。それ以降、世界各地の文化に沿って、ロココ様式やインド=ヨーロッパ様式など様々なデザインの家具が製造されている。

    家具・オフィス業界の
    M&A動向はこちら
  • 理・美容
    理・美容業界

    理容所(室)・美容所(室)とは、理容・美容の業を行うために設けられた施設のことを指す。日本では1947年に「理容師法」が制定され、1957年に「美容師法」が制定された。制定後、「理髪師」と「美容師」と区別されるようになるが、1951年に法改正があり、「理髪師」は「理容師」と改称される。理容師法の定義では「理容とは頭髪の刈り込み、顔そり等の方法により容姿を整えることをいう。」となっており、美容師法の定義では「美容とはパーマネントウェーブ・結髪(けっぱつ)・化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう。」となっている。

    理・美容業界の
    M&A動向はこちら

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

まずはお気軽にご相談ください(秘密厳守)