業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 段ボール
    段ボール業界

    段ボール業界とは、塗工紙、段ボール、壁紙・ふすま紙などの加工紙製造業や、重包装紙袋・角底紙袋・段ボール箱・紙器などの紙製容器製造業を主力とする事業を展開する会社を指す。 この業界で特徴的なのは、大手企業と中小企業で業務形態が異なる点である。大手企業は最初の紙を作るところから加工・販売まですべてを取り扱っている一貫製造業者を担っていることが多い。大きな理由としては一貫製造業者は設備投資の額が大きくなることが挙げられる。また中小企業は個別製造業者という事業形態をとることが多く、板紙メーカー、段ボールメーカー、ケースメーカー、販売など、それぞれ専門分野に特化して事業を展開することが一般的である。

    段ボール業界の
    M&A動向はこちら
  • 医療法人・病院
    医療法人・病院業界

    医療業の定義は、「医師又は歯科医師等が患者に対して医業又は医業類似行為を行う事業所及びこれに直接関連するサービスを提供する」事業のことである。大きく、病院、一般診療所、歯科診療所、助産・看護業などに分けられる。病院と診療所(クリニック)は、医療法によって「患者20人以上の入院施設を有するか、否か」で区別されている。

    医療法人・病院業界の
    M&A動向はこちら
  • 化学
    化学業界

    化学会社は、一般的に石油化学会社とも呼ばれ、石油や天然ガスを原材料に、樹脂やゴム、合成繊維などの化学製品を作り出す会社のことを指す。化学業界で生産される化学製品は、大きく分けて2種類ある。1つは、分子量が1万以上の高分子を主成分とする化学製品である。プラスチック成形加工品・合成繊維・ゴム成形加工品・塗料・接着剤・インク・トナーなどがあげられ、使用前は液体や粉体だが使用後に固形物になる。もう1つは、分子量が概ね1千以下の低分子と呼ばれる化学物質を主成分とするものである。医薬品・化粧品・溶剤・洗浄剤・農薬・化学肥料などがあげられ、素材・材料というよりも、それぞれの物質が科学的な機能を活用する化学製品である。

    化学業界の
    M&A動向はこちら
  • 婚礼
    婚礼業界

    婚礼会社とは、挙式、披露宴の挙行など婚礼のための施設・サービスを主たる事業とする事業者のことを指す。また婚礼事業に付随するサービスとして、新婚家具、新婚旅行、ブライダルジュエリー、結納式・結納品、結婚情報サービスを提供する事業者のことを指す場合もある。婚礼会社の経営形態としてホテル・旅館等やレストラン、専門式場・ハウスウェディングがある。1990年代における挙式や披露宴などの婚礼はホテルで行うことが主流であったが、2001年以降の顧客のニーズに対応できるハウスウェディングの登場により婚礼スタイルが多様化している。

    婚礼業界の
    M&A動向はこちら
  • 塾業界

    学習塾とは、義務教育課程または高等教育以上の課程にある児童・生徒を対象として、学校における教育とは別途学習指導や進学指導を実施する教育施設のことをいう。 学習塾の開業には、公的な認可が必要なく誰でも参入できるため、参入障壁が低く、自宅などを学習塾として開業する地元密着の個人塾が大多数を占める。大規模な学習塾が大都市に集中しているのとは対照的に、小規模な学習塾は人口密度の低い地方を中心としている。従業員4人以下の零細な学習塾事業所数は、全体の6割を占めている。

    塾業界の
    M&A動向はこちら
  • SES
    SES業界

    SES業界のM&Aを考えるうえで重要なことは、基本的な情報です。そこで本記事では、SESの概要からM&Aの動向、具体的な事例、今後の課題と展望まで幅広く紹介します。 SES業界は、多様なスキルを持つエンジニアがそろっていること、短期集中型のプロジェクトが多いことなどが特徴です。また、デジタル化の進展により需要が急速に高まる一方で、優秀なエンジニアの確保が課題となっています。 これらの情報を理解することで、SES業界におけるM&Aの可能性を具体的にとらえ、自社の戦略に活かすことができます。M&Aの重要性と活用方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

    SES業界の
    M&A動向はこちら
  • ソフトウェア開発
    ソフトウェア開発業界

    ソフトウェア開発は情報サービス業の一つで、コンピューターソフトウェアの設計・保守などを行います。特別な認可は必要無く、プログラミングスキルがあれば参入可能です。 大規模な開発企業は、大都市やITのハブに集中していますが、小規模な企業やフリーランスの開発者も活躍できる業界です。また、個別開発をモデルとするか、チーム開発を中心とするかで、経営は大きく異なります。 ソフトウェア開発業界でM&Aを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

    ソフトウェア開発業界の
    M&A動向はこちら
  • 農林業
    農林業業界

    農林業とは、営利目的で農作物の栽培、家畜の飼育、森林の管理や木材の生産を行う産業のことを指す。農林業には畜産業、園芸業、林産業なども含まれる。農業は主に「耕種農業」「畜産農業」「混合農業」に分かれ、日本では「耕種農業」が主流である。農林業は、米や野菜、果物などの日常的な食料を供給し、日本の食生活を支える。また、森林は木材の供給だけでなく、環境保護や生態系の維持にも貢献している。

    農林業業界の
    M&A動向はこちら
  • その他教育産業
    その他教育産業業界

    幼稚園、学校、学習塾等を除く、その他教育機関はすべてここに分類される(語学学校は別分類で掲載)。 主要なものは以下のとおりである。 ・家庭教師 ・パソコン教室 ・音楽教室…ピアノ、バイオリン等 ・スポーツ教室 ・その他教養・技能系教室…書道、生花・茶道、そろばん、囲碁、着付、料理、ダンス、カルチャー等 ・その他専門学校・各種学校に分類されないもの

    その他教育産業業界の
    M&A動向はこちら
  • 競馬等
    競馬等業界

    競輪とは、9人のプロ選手が自転車に乗り、1周333~500mのコースを約2,000m走って勝敗を決める自転車競技を行なう公営ギャンブルをいう。 競馬とは、騎手の乗った馬により競われる競走競技を行なう公営ギャンブルをいう。 オートレースとは、プロのオートレース選手が二輪車の競走によって行なう公営ギャンブルをいう。 競艇とは、6人のプロ選手が専門のモーターボートに乗り、1周600mのコースを3周して勝敗を決めるモーターボート競技を行なう公営ギャンブルをいう。

    競馬等業界の
    M&A動向はこちら
キーワードから探す
カテゴリから探す
事業承継
M&A基礎知識
M&Aを検討するために
M&Aの手法
M&Aの流れ
M&A用語集

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。