TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00

メニュー

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00

業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 化学
    化学業界

    化学会社は、一般的に石油化学会社とも呼ばれ、石油や天然ガスを原材料に、樹脂やゴム、合成繊維などの化学製品を作り出す会社のことを指す。化学業界で生産される化学製品は、大きく分けて2種類ある。1つは、分子量が1万以上の高分子を主成分とする化学製品である。プラスチック成形加工品・合成繊維・ゴム成形加工品・塗料・接着剤・インク・トナーなどがあげられ、使用前は液体や粉体だが使用後に固形物になる。もう1つは、分子量が概ね1千以下の低分子と呼ばれる化学物質を主成分とするものである。医薬品・化粧品・溶剤・洗浄剤・農薬・化学肥料などがあげられ、素材・材料というよりも、それぞれの物質が科学的な機能を活用する化学製品である。

    化学業界の
    M&A動向はこちら
  • 証券
    証券業界

    証券会社とは、株式や債券(国債や社債など)の売買、投資信託(投資家から集めた資金を専門家が運用する金融商品)、不動産投資信託(投資家から集めた資金で不動産に投資して得られた賃貸料や売却益を投資家に配当する金融商品)の売買を手がける会社のことを指す。つまり、企業や国が発行する株式や債券を投資家が購入し、その購入資金が企業や国に直接供給される仕組みの中で、証券会社はその取引の仲介をする役割を担う。これらの取引を実行するために、都市銀行業界・保険業界(生命保険・損害保険)・不動産業界と密接につながっているのが証券業界である。

    証券業界の
    M&A動向はこちら
  • 温浴施設
    温浴施設業界

    温浴とはお湯に体を浸けることであり、温浴施設とは銭湯やスーパー銭湯、健康ランド、スパなど温浴ができる施設のことを指す。日本では古くから庶民の生活習慣として風呂文化が根付いている。石風呂・釜風呂に始まり、寺社の施湯・湯屋・銭湯というように公衆浴場業というビジネスとして発展してきている。しかし温浴設備に飲食や休憩機能・リラクゼーションというサービスを組み合わせた大型温浴施設の歴史は浅く、1955年創業の船橋ヘルスセンターが草分けで、まだ半世紀しか経過していない。この頃から自家風呂の普及による公衆浴場の減少数とリラクゼーションニーズに合わせた温浴施設の増加数がクロスしており現在に至っている。

    温浴施設業界の
    M&A動向はこちら
  • リース
    リース業界

    リース業は、事業に使用する資産をリース会社が代わりに購入し、顧客企業に長期に渡り貸し出すサービスを指す。レンタル業と比較すると貸し出し期間が長く、貸し出す対象もパソコンから航空機まで幅広いことがリース業の特徴である。一般的に、借手の企業は、資産や設備を保有するのではなく、使用するために活用するが、この際、リース業は借手企業へ「保有」と「活用」の両方の価値を提供することができる。

    リース業界の
    M&A動向はこちら
  • 医薬品卸
    医薬品卸業界

    医薬品卸会社とは、医薬品をメーカーより仕入れ販売する専門商社を指す。医薬品は、病院や調剤薬局などに販売する「医療用医薬品」と、ドラッグストアなどに販売する「一般医薬品」に分けられる。 医療用医薬品の9割以上は、製薬会社から「医薬品卸会社」を経由して医療機関や薬局に流通し、残り1割は製薬会社が直接販売する。 一般医薬品の5割は、製薬会社から「医薬品卸会社」を経由して薬局・ドラッグストアに流通し、残り5割は製薬会社が直接販売する。 医薬品業界の職種として、MSやMRという職種がある。MSは、Marketing Specialistの略で、医薬品卸会社の営業職のこと。MRとは、Medical Representativeの略で、製薬会社の営業職である。前者はマーケティングの観点から医薬品流通に携わり、後者はメディカルの観点から医薬情報の提供に携わることを職務とする。

    医薬品卸業界の
    M&A動向はこちら
  • 保険
    保険業界

    保険会社とは、保険を取り扱う会社のことを指す。保険会社は、「生命保険会社」と「損害保険会社」に分別され、「生命保険会社」は死亡保険や医療保険、がん保険、個人年金保険など扱い、「損害保険会社」は自動車保険や船舶保険、火災保険、地震保険などを扱う。 生命保険制度は、一生に関する長期間保障であり、生命保険会社は「安定」を第一に求められる。損害保険会社は、大規模災害の増加ニーズに合わせた新たな補償制度が求められている。日本には公的保険制度があるが、少子高齢化により財源が不足してきており、自助努力による民間の保険が果たす役割が増している。

    保険業界の
    M&A動向はこちら
  • 家事代行
    家事代行業界

    家事代行サービスとは、「家事を代わりに行う」サービスを指す。ハウスキーパー・家政婦・お手伝いさんなど呼び方は様々だが、一般的な家事経験を持つスタッフが、利用者の代わりに掃除・炊事・洗濯をはじめとした一般的な家事全般を代行するサービスである。 家事代行サービスと同様のサービスとして認識されているサービスにハウスクリーニングがあるが、ハウスクリーニングは専門的な知識や技術を有した業者が専用の洗剤や道具を持ち込んで徹底的に掃除をする業態のため、家事代行サービスとは別のサービスである。

    家事代行業界の
    M&A動向はこちら
  • 塾業界

    学習塾とは、義務教育課程または高等教育以上の課程にある児童・生徒を対象として、学校における教育とは別途学習指導や進学指導を実施する教育施設のことをいう。 学習塾の開業には、公的な認可が必要なく誰でも参入できるため、参入障壁が低く、自宅などを学習塾として開業する地元密着の個人塾が大多数を占める。大規模な学習塾が大都市に集中しているのとは対照的に、小規模な学習塾は人口密度の低い地方を中心としている。従業員4人以下の零細な学習塾事業所数は、全体の6割を占めている。

    塾業界の
    M&A動向はこちら
  • 食料品
    食料品業界

    食料品製造業は、食料品加工業者や外相産業への原料供給を主要業務とする素材型と、原料を調達して加工品を製造し小売業あるいは直接消費者に完成品を供給する加工型に二分類される。 素材型の生産品は、穀物・製粉・畜産素材品・水産素材品など。加工型の生産品は、缶詰・パン・菓子・惣菜などである。商流(流通)から見ると、調味料・豆腐・冷凍調理食品などは食料品工場・外食チェーンおよびスーパーなど小売業にも卸売りされているため、両方に含まれる。

    食料品業界の
    M&A動向はこちら
  • 自動車
    自動車業界

    建設業の定義は、建設業法に基づく許可を受けて建設を行う事業のことである。建設業法では、工事を28種類に分類しているが、このうち土木一式工事または建築一式工事をまとめて請け負うものを「総合建設業(ゼネコン)」、大工工事、左官工事などの専門工事を部分的に請け負うものを「職別工事業(サブコン)」、電気工作物や空調などの設備部分を請け負うものを「設備工事業」と大別している。

    自動車業界の
    M&A動向はこちら

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

まずはお気軽にご相談ください(秘密厳守)

TEL.03-6880-3800
受付時間:
平日10:00~20:00

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00