業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 電子部品
    電子部品業界

    電子部品業界は、自動車やスマートフォンなどに組み込まれている電子部品などを製造している業界のことを指す。電子部品とは、電子回路に使用する部品のことを指し、「能動部品」「受動部品」「機構部品」に分類される。能動部品とは、入力部と出力部を持っており、与えられた指令によって特定の電力を出力する電子部品を指し、トランジスタ・IC・ダイオードがこれに該当する。受動部品とは、電力を消費・放出・貯める機能を持つ電子部品を指し、コンデンサ・抵抗・コイルがこれに該当する。機構部品とは、部品自体に電気的な機能はなく、スイッチ・コネクタ・基板などの電子部品がこれに該当する。

    電子部品業界の
    M&A動向はこちら
  • リース
    リース業界

    リース業は、事業に使用する資産をリース会社が代わりに購入し、顧客企業に長期に渡り貸し出すサービスを指す。レンタル業と比較すると貸し出し期間が長く、貸し出す対象もパソコンから航空機まで幅広いことがリース業の特徴である。一般的に、借手の企業は、資産や設備を保有するのではなく、使用するために活用するが、この際、リース業は借手企業へ「保有」と「活用」の両方の価値を提供することができる。

    リース業界の
    M&A動向はこちら
  • 専門サービス業
    専門サービス業業界

    専門サービス業とは、弁護士等、主として国家資格に基づき、法律や専門知識を持って、法人または個人に対して、相談業務、業務指導、事務代行等を行なう業態を総称するものとし、いわゆる士業と呼称する場合もある。 種別としては、弁護士、公認会計士、中小企業診断士、不動産鑑定士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、土地家屋診断士、弁理士、建築士等があげられる。

    専門サービス業業界の
    M&A動向はこちら
  • 非鉄金属(非鉄金属メーカー)
    非鉄金属(非鉄金属メーカー)業界

    非鉄金属会社とは、非鉄金属と呼ばれる鉄以外の金属、すなわち銅や金、ニッケル、アルミなどを扱う事業者のことを指す。非鉄金属はベースメタルとレアメタル、貴金属に分かれており、ベースメタルには銅、亜鉛、鉛、アルミニウムなどが分類され、レアメタルにはニッケル、コバルト、チタンなど、そして貴金属には金、銀、プラチナが分類される。非鉄金属業界は、各業界の製品を作る上で上流に位置している。非鉄金属を加工してできた電材などが、自動車メーカーや電子部品メーカーなどの顧客に渡り、その後、国民の身の回りにある自動車や電車、家電など非常に多岐にわたる製品となり、生活を支えている。

    非鉄金属(非鉄金属メーカー)業界の
    M&A動向はこちら
  • インターネット(IT)
    インターネット(IT)業界

    インターネット業界とは、SNSやスマートフォンアプリ、インターネットショッピングサイト、電子メール、電子決済などのサービスを提供している業界のことを指し、インターネット企業とは上記のようなサービスを設計開発や、サービスを提供している企業のことを指す。IT業界のITとは、Information Technologyの略称で、コンピュータのハードウェアからOS、ソフトウェアやネットワークなどのインフラを含む情報に関わる事業の総称である。インターネット業界も、IT業界に位置付けられる。

    インターネット(IT)業界の
    M&A動向はこちら
  • 電気機器(電気機器メーカー)
    電気機器(電気機器メーカー)業界

    日本標準産業分類(中分類)によると、電気機械器具製造業とは、電気エネルギーを発生させる機器や貯蔵する機器、送電する機器、変電する機器、そして動力源として利用する機器などを製造する事業者を指す。電気機械器具製造業は、発電機や変圧器などの大型電気機器に分類される工業用電気機器(重電機器)と、冷蔵庫や洗濯機などの家電(軽電機器)に分けられる。ここでは、工業用電気機器を電気機器と指すこととする。工業用電気機器は、ボイラやタービンなどの「発電用原動機」、発電機や電動機、モーターなどの「回転電気機械」、変圧器や電力変換装置などの「静止電気機械」、配電盤や開閉機器などの「開閉機器」の4つに分類される。

    電気機器(電気機器メーカー)業界の
    M&A動向はこちら
  • 金属製品(金属加工)
    金属製品(金属加工)業界

    金属製品製造業とは、鉄鋼や非鉄金属などの金属精錬製品を原材料として、金属部品や最終製品に加工し、販売することを指す。主な金属製品は、食缶・金属プレス製品・機械刃物・作業工具・鉄骨・橋梁・鉄塔・サッシ・シャッター・金網・バネ・ねじなど機械部品や比較的小型の最終製品である。金属製品製造業で製造される製品は多岐に渡り、それぞれの業績はそれぞれの最終消費業界の動向に影響されやすい。金属製品製造業は、日本のものづくり産業を支える高い技術力を持った企業が多く、特定製品のみを製造する中小零細企業が多い業界である。

    金属製品(金属加工)業界の
    M&A動向はこちら
  • ペット(ペット産業)
    ペット(ペット産業)業界

    ペット業界は「生体・サービス」「ペットフード」「ペット用品」の3つに分類される。「生体・サービス」とは、ペットの生体販売、ペット保険、ペットシッター、老犬ホームなどのサービスを行う分野である。「ペットフード」とは、その名の通りペットの食料を製造、販売を行う分野のことを指す。「ペット用品」とは、ペットシートや猫砂、シャンプーなど食品以外のペット用品の製造、製造販売を行う分野のことを指す。

    ペット(ペット産業)業界の
    M&A動向はこちら
  • 鉄鋼(鋼鉄メーカー)
    鉄鋼(鋼鉄メーカー)業界

    鉄鋼会社とは、主に鉄鋼メーカーとその製品を仕入れてさまざまな業界に販売を行う金属卸事業を行っている事業者のことを指す。鉄鋼メーカーは、「高炉メーカー」と「電炉メーカー」にわけられる。「高炉メーカー」とは、鉄鉱石やコークスなどの原材料を高炉(溶解炉)で製鉄し、製鋼、鋳造、鋼材製品まで一貫生産する事業者のことを指す。「電炉メーカー」とは、くず鉄(鉄製品作成時にできるくずや廃品の鉄製品)を電気の熱で溶かして、不純物を取り除いたうえで製鋼、鋼材製品を製造する事業者のことを指す。「電炉メーカー」には普通鋼中心の「普通鋼メーカー」と特殊鋼専業(マンガンやニッケル、クロムなどのレアメタルを添加する)の「特殊鋼メーカー」がある。

    鉄鋼(鋼鉄メーカー)業界の
    M&A動向はこちら
  • 音楽
    音楽業界

    音楽業界は、大きく「音楽プロダクション」「レコード会社」「音楽出版社」の3つに分類される。「音楽プロダクション」とは、アーティストや楽曲を制作する作詞家・作曲家などが所属をする事業者を指し、アーティスト育成や交渉代行、プロモーション、スケジュール管理、コンサート企画等を行っている。「レコード会社」とは、音楽コンテンツの製作・宣伝、製造、販売の役割を担っており、近年ではCDの他に、インターネットによるダウンロード配信も行っている。「音楽出版社」とは、音楽著作権の管理・使用料徴収等を行う事業者のことを指し、主にレコード会社系のほか、芸能プロダクション系、放送局系が存在する。

    音楽業界の
    M&A動向はこちら
キーワードから探す
カテゴリから探す
事業承継
M&A基礎知識
M&Aを検討するために
M&Aの手法
M&Aの流れ
M&A用語集

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。