TEL.03-6880-3800

メニュー

業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 機械
    機械業界

    機械とは簡単な構造を有する器具や道具とは区別され、2つ以上の抵抗物を組み合わせて互いに相関的運動を行う工作物を指し、人力以外の労力で動く複雑で大規模なもののことである。総務省によると、一般機械器具製造業には、電気機械器具、輸送用機械器具、精密機械器具、武器を除く一般機械器具を製造する事業所が分類される。原動機で動かされる機械類の一部も、一般機械器具製造業に含まれることに加え、動力付手持工具、可搬式工作機械を製造する事業者も同製造業に含まれる。

    機械業界の
    M&A動向はこちら
  • スポーツ用品
    スポーツ用品業界

    スポーツ用品は「スポーツ器具」とも呼び、スポーツのために用いられる様々な物品のことである。スポーツ用具やスポーツ用品ともいう。トレーニング用品・アウトドア用品・カー用品・オートバイ用品もスポーツ用品に含む場合がある。スポーツ用品の進歩により、スポーツ競技のルールそのものが変わる場合がある。事例として、ナイキの厚底シューズが「速すぎる」との論争になり、東京オリンピックでの使用が不可になるのではないかと話題になった。

    スポーツ用品業界の
    M&A動向はこちら
  • 木材
    木材業界

    木材業とは木材の生産・流通に携わる業種のことを指し、素材生産・製材・材木商という業種に分かれる。素材生産は立ち木を伐採し素材を作る。製材は素材を購入して使用目的に応じた製品を仕上げる。木材商は製材された製品を建築業その他中間業者に販売する。木材生産者と消費者、消費者と問屋の間に中間商人である仲買人がいる。その他に木材輸入商・卸売り問屋・小売業などの業種があり、取り扱う商品により原木問屋・製品問屋・銘木問屋・市売問屋・センター問屋・付売問屋などがあり、これらを総称して木材業界と呼ぶ。

    木材業界の
    M&A動向はこちら
  • 水産
    水産業界

    水産業界とは、有用な水産資源を人間の生活ために開発し、それを利用する業界全体のことをいう。漁業だけを水産業とは言わず、採捕を主とする漁業とその育成、繁殖を主とする水産養殖業、水産原料の加工を主とする水産製造加工業、水産商品の取引を主とする水産流通業を含む。船で運ばれてきた魚を冷凍保管して、需要に応じて全国に出荷する形態の企業も存在し、倉庫業・冷凍業・運輸業の水産流通業で生産されている。経済発展にともない水産業は食用と、魚肥や飼料などの非食用も生産されるようになっている。

    水産業界の
    M&A動向はこちら
  • 中古車・カー用品
    中古車・カー用品業界

    中古車とは、中古の自動車・オートバイ・自転車のことを指す。一度使用されたものをカーディーラー・中古車販売専門店・レンタカー会社・リース会社・オークションまたは個人間で売買される。カー用品は、主に乗用車のユーザーが自身の自動車のメンテナンスのために利用あるいはカスタムするためのパーツで、車内・車外に取り付けるアクセサリー類・更には車内の快適さを向上させるために利用する物品のことを指す。また、新車が販売されて以降の市場を「自動車アフターマーケット」と呼び、中古車やカー用品のほかに、整備・修理や自動車保険などで構成されている。

    中古車・カー用品業界の
    M&A動向はこちら
  • 情報サービス
    情報サービス業界

    情報サービスとは、計算センターやデータセンターなどの情報処理・提供サービス業のことを指す。企業の課題を情報サービスで解決することに加え、情報サービスによる新規ビジネスの創出も実現している。情報サービスを提供する職種には、上流と呼ばれる「概要設計」「要件定義」「基本設計」を担当する“システムエンジニア”と、下流の「詳細設計」「プログラミング」「テスト」「導入支援」などを担当する“プログラマー”の2種類がある。システムエンジニアは、システム全体の「設計図」を書くことが仕事であり、システムを設計・企画する。プログラマーは、システムエンジニアの設計に基づき、実際にコードを書いてシステムを構築していく仕事である。

    情報サービス業界の
    M&A動向はこちら
  • レンタカー
    レンタカー業界

    レンタカー業とは、自動車を有料で貸し出す事業のことをいう。レンタカー業を経営するためには、自家用自動車有償貸渡業の許可を取得しなければ事業は開始できないが、その許可は法人だけでなく個人事業主でも取得することができる。レンタカー業では、レンタカーの車両を利用して人を乗車させ運賃をもらう行為はできない。自家用自動車有償貸渡業の許可は自動車を貸し出す事業であって、旅客運送法に基づく旅客運送業ではない。

    レンタカー業界の
    M&A動向はこちら
  • 倉庫・運輸関連業
    倉庫・運輸関連業業界

    倉庫業とは、寄託を受けて顧客の物品を倉庫などで保管する受託事業で、運送業と並んで物流の中核をなす業態である。日本では倉庫業法により、施設・設備に関する基準を満たし、倉庫管理責任者を選任して国土交通大臣の登録を受けることが義務づけられている。単に場所貸しではなく、検品や在庫管理・流通加工・ピッキングから配送の他、インボイス作成などの通関業務、受発注データ管理など物流全体に関与している。その他の運輸関連業としては、港湾運送業(港湾内の運送)・運送代理店(事務代行等)・梱包業・海運仲立業(契約・仲介ブローカー)等があげられる。

    倉庫・運輸関連業業界の
    M&A動向はこちら
  • ディスカウントストア
    ディスカウントストア業界

    ディスカウントストアは、日用品・衣料品・食品・家電製品・玩具などを中心とした品揃えで、低価格・短時間での買い物ができるようにした小売業態、量販店のことを指す。ディスカウントストアは、大量に計画仕入れした「ナショナルブランド」「ストアブランド(商品にメーカーのブランドとディスカウントストア名が併記されているので製造メーカーが買う時点で判明する商品)」「プライベートブランド」商品などを、メーカーに返品せず全量買い取って売り切ることで低価格を実現している。

    ディスカウントストア業界の
    M&A動向はこちら
  • 通販
    通販業界

    通信販売は、小売業態のうちの無店舗販売の1つである。店舗を設置せずに、メディアを利用して商品またはサービスなどの役務を展示し(ラジオでは音声のみで紹介するなど、必ずしも画像を掲示するとは限らない)、メディアにアクセスした消費者から何らかの通信手段で注文を受け、商品または役務を提供する販売方法のことを指す。「通販」と省略して呼ばれることが多い。

    通販業界の
    M&A動向はこちら

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

まずはお気軽にご相談ください(秘密厳守)