TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00

メニュー

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
化粧品
業界別M&A動向

化粧品業界のM&A動向

業界の定義

化粧品業は、「化粧品」の開発、製造、販売などを手がける業種を指す。 医薬品医療機器等法第2条第3項では、化粧品を「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項(医薬品の定義)第二号又は第三号に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされている物及び医薬部外品を除く」と定義している。
化粧品を細かく分類すると、肌のコンディションを整える「スキンケア化粧品」、口紅やファンデーションなどの「メイクアップ化粧品」、シャンプーやコンディショナーなどの「ヘアケア化粧品」、ボディクリームなどの「ボディケア化粧品」や香水やコロンなどの「フレグランス化粧品」などに分けられる。

業界の沿革・変遷

日本における化粧品メーカーの誕生は、明治時代とされる。文明開化の影響を受け、誕生した化粧品メーカーが、「資生堂」「桃屋順天館」「ライオン」などである。現在も健在の「ウテナ」「マンダム」「ポーラ」なども、戦前に生まれた化粧品メーカーだ。高度経済成長とともに飛躍的に拡大をみせ、1970年以降は、化粧品メーカーが女優やタレントを起用したテレビコマーシャルを流し始める。1980年代後半〜1990年代には、見た目だけでなく、化粧品の効果や成分を重視し始め、機能性化粧品時代が幕を開けた。バブル崩壊後は、低価格志向が広がり、2000年代に入ると、肌の健康を考えた自然派化粧品や、美白・アンチエイジングなどの効果を謳った商品が多くを占めるようになった。

近年では、インターネットを使った通販専業の化粧品メーカーも増えている。 異業種からの参入事例としては、富士フィルムの参入が大きなニュースとなった。自社の持つ特殊技術を化粧品開発に役立てたセンセーショナルな事例といえる。その後、味の素、サントリー、江崎グリコなど、異業種から参入が相次いでおり、競争は激化している。

特性・特徴

化粧品業界の業態は、販売ターゲットによって、大きく2種類に分けることができる。
一般消費者向けに百貨店やドラッグストア、ウェブサイトなど広く購入できる業態を「リテール業態」、サロン専売品など、業務専用に開発された商品を扱う法人向けの業態を「プロフェッショナル業態」という。 化粧品業界の利益構造は販路によって異なる。
メーカーから直接消費者に販売する場合、仲介手数料がないため高利益となり、百貨店やドラッグストアなど小売店に卸す場合は、卸価格での販売となるため、利益率は低くなる。 法人向けの販売の場合は、ディーラーを仲介し、ディーラーが美容室やエステサロンなどの店舗に販売することが一般的である。大手化粧品会社の場合は、自社で工場を持ち、開発からマーケティング、販売PRまでを一貫して行う場合が多い。

マーケット動向

株式会社矢野経済研究所の調査によると、2017年度の国内化粧品市場規模は、前年度比103.0%の2兆5,450億円。総市場の伸長に伴い、製品カテゴリー別でも、2017年度もすべてのカテゴリーで前年度実績を上回って推移した。増加の要因としては、インバウンド需要の継続が大きいが、国内需要の増加や、高い機能性のある商品が周知されたことによって、化粧品メーカーによる拡販が進んだことが挙げられる。



依然として増加が続く訪日外国人客は、東京オリンピックに向けてさらに増加する見込みだ。日本で化粧品を購入した外国人に対する越境ECなど、アウトバウンド需要の獲得も進むとみられる。 また、消費者の志向が高級志向から節約志向へ移りゆく中、ドラックストアで販売されているドラッグストアコスメは、安価で高品質なものも多く人気が高い。そのため、送料の発生するECサイトでの購入は伸び悩んでいるという側面もある。

課題と展望

化粧品業界の国内需要は、すでに頭打ち状態と言われている。
長引く不況で消費者の節約志向が進み、商品単価自体が下がっていることや、化粧品が嗜好品の位置付けであり、必ず買わないといけないものというわけでもないことから、化粧品業界全体の利益が減少しているという見方がされている。 国内需要が見込めない場合、日本の化粧品業界の将来性は「グローバル展開」にかかっている。国内トップシェアの資生堂においても、売上の海外比率は47%に留まっていることから、業界全体として海外展開の策が希薄であるという見方もされている。

少子化が進む中、国内需要の縮小は逃れられないため、海外施策の実行は急務といえる。

また、化粧品業界のマーケティング戦略において、SNSにおける口コミの影響力は無視できない。
Instagramなどを利用し、化粧品メーカーのアカウントから直接購入することも可能になった現在、ターゲットを絞ってSNS広告を出稿するなど、SNS時代におけるマーケティング戦略を推進できるかが鍵となるだろう。 さらに、拡大の余地としては、男性用化粧品の開発という道も残されている。シャネルをはじめとする海外ブランドは、基礎化粧品のみならず、ファンデーションなどのメークアップ商品においても男性用のライナップを揃えている。

性別を超えて顧客を取り込むことができるのであれば、国内需要拡大も見込めなくはないかもしれない。

業界再編

異業種企業の参入の動きが盛んになっている。
富士フィルムや味の素など他業種メーカーが、本業で培ってきた技術を活かそうと、化粧品の開発に乗り出している。特に富士フィルムの「ASTALIFT(アスタリフト)」は、業界内だけでなく、消費者にもインパクトを与えた。写真フィルムの主成分でもあるコラーゲンやナノテクノロジーなど、美容分野と共通する技術を応用し開発。2007年の発売以降、エイジングケアブランドとして支持を得ている。 他にも味の素のアミノ酸、サントリーの酵母、第一三共のトラネキサム酸、江崎グリコのグリコーゲンなど、異業種メーカー各社は独自に開発・商品化している成分を化粧品に応用している。
健康志向や、アンチエイジグ、再生医療などに消費者の関心が寄せられていることから、異業種にとっては追い風といえるだろう。

化粧品業界のM&A動向

化粧品業界では、有名ブランドを自社に取り込むためのM&Aや、研究開発施設、製造工場を目的とする買収が中心。
昨今では、異業種の企業が参入してきたことよって、販路拡大を狙うM&Aや、本業の独自技術を化粧品開発に生かすためのM&Aも見られるようになってきた。

国内需要の不透明感から、国内企業による海外企業のM&Aは今後も盛んになると予想される。


主な事例


2017年11月
株式会社資生堂は、アメリカ地域本社であり連結子会社であるShiseido Americas Corporationを通じ、米国のベンチャー企業Giaran Inc.(以下、Giaran社)を譲受。狙いは、Giaran社のAI技術にある。ディープラーニングやデータマイニングを駆使し、顧客のさまざまな情報を活用することによって顧客にとってより最適で有効な情報提供を実現しようとしている。


2019年4月
株式会社ナリス化粧品は子会社である株式会社ナリスアップ コスメティクスを合併。ナリスは今回の合併に伴い、両社の有する販促力や、イベント展開力を効率的に活用し、顧客満足度の向上を図るとともに、国内外に向けて事業拡大を進めようとしている。


2016年12月、大正製薬株式会社は、キョーリン製薬ホールディングス株式会社の連結子会社であるドクタープログラム株式会社の全株式を取得し、完全子会社化した。機能性基礎化粧品のスキンケア領域を主軸に事業展開をしているドクタープログラムは、販売経路のほとんどが通信販売。大正製薬は子会社化によって、通信販売を強化し、スキンケア領域の効率的な拡大を見込んでいる。

 



弊社のM&Aご成約実績

  • 成約年数
    2019年5月
    対象会社(譲渡会社)
    化粧品卸
    地域:関東
    譲受会社
    投資ファンド
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,戦略的提携
    対象企業は、関東で近年急成長を遂げている化粧品販売会社。更なる成長を模索していく中で譲渡を検討。お相手は投資ファンド。今後の方...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2018年10月
    対象会社(譲渡会社)
    化学工業
    地域:近畿
    譲受会社
    生活
    地域:全国
    取引スキーム/問題点・概要
    55歳以上,株式譲渡
    譲渡企業は、関東で化粧品の製造を行い、全国に展開していた。優良な取引先に支えられ、業績は順調であったが、国内市場の縮小に伴う将...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2017年9月
    対象会社(譲渡会社)
    化粧品製造
    地域:東日本
    譲受会社
    化粧品卸売
    地域:東日本
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,戦略的提携
    譲渡企業は近年ブランド力を高めてきた化粧品メーカー。業績が好調な推移を辿る一方で、今後の成長加速の手法を強く模索していた。譲受...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2017年9月
    対象会社(譲渡会社)
    アロマ製品の製造販売
    地域:西日本
    譲受会社
    産業用機械装置製造業
    地域:西日本
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡
    譲渡企業はアロマ製品・化粧品の製造販売を展開。業績は堅調に推移しているものの、生活拠点を海外に移し事業を行いたいという自身の夢...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2012年6月
    対象会社(譲渡会社)
    化粧品企画販売卸
    地域:関東
    譲受会社
    包装資材製造
    地域:関西
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,後継者不在
    譲渡会社はヘアケア化粧品分野で強固な顧客基盤とブランドを有している。オーナーは精力的に第一線で活躍されていたが、将来的な後継者...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2006年1月
    対象会社(譲渡会社)
    通信販売
    地域:関東
    譲受会社
    化粧品事業
    地域:関西
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,戦略的提携
    譲渡オーナーは30代と若く、上場企業の代表取締役として活躍している。上場企業の代表取締役に就任する前から個人で経営する健康食品通...
    実績詳細を見る
M&A案件情報

M&A譲渡(売却)案件情報

譲渡を検討している
企業様の情報です

非公開情報については、お問合せください

  • 詳細業種 システム開発
    所在地 東北
    概算売上 5億~10億
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 浚渫工事
    所在地 関東
    概算売上 4億円
    希望金額 5億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 住宅メーカー
    所在地 東北
    概算売上 30億円
    希望金額 15億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 人材派遣業
    所在地 中部
    概算売上 約3億円
    希望金額 1億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 機械工具商社
    所在地 近畿
    概算売上 10億円
    希望金額 4億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 IT
    所在地 関東
    概算売上 5億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 メディアプラットフォーム
    所在地 関東
    概算売上 約3億円
    希望金額 6億円以上
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 産業廃棄物処理業
    所在地 関東
    概算売上 数億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 設備工事業
    所在地 関東
    概算売上 8億円
    希望金額 10億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る

M&A譲受(買収)案件情報

譲受を検討している
企業様の情報です

非公開情報については、お問合せください

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

まずはお気軽にご相談ください(秘密厳守)

TEL.03-6880-3800
受付時間:
平日10:00~20:00

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00