社長は、一人で悩んでいた。

私には、後継者がいなかった…

私には、後継者がいなかった…

自分になにかあったとき、
大切な会社と従業員を守ることが難しいことに気づかされた。
後継者がいないこと・・
それが一番のリスクだった。

会社を大きくさせたい。その一心で従業員たちと奮闘を続けていた。

会社を大きくさせたい。
その一心で従業員たちと奮闘を続けていた。
おかげで会社は右肩上がり。

毎日働き、家庭のことはすべて妻に任せきり。
子供と過ごす時間もなかったが、
文句を言わずに私を支えてくれた。

毎日働き、休みは1年に3日しかなかった。
会社を大きくさせたい。その一心で従業員たちと奮闘を続けていた。

そんな私は、今、M&Aを通じて、
家族と大きな安心を手にすることができている。

~CMロングバージョン~

後継者がいないこと。これが、会社にとって一番のリスクだった・・・

まだ大丈夫。そう思っていても、いつ何が起こるかわからない。会社を存続させるため、従業員を守るため、後継者の存在は欠かせない。

後継者の選択肢

後継者の選択、いわゆる事業承継ですが、
その名の通り
会社の「事業」を
引き継がせることになります。
会社が保有している資産だけではなく、会社の負債なども含まれますので、
そういった面も考慮して「引き継がせることができるか?」がポイントになります。

後継者の選択肢 後継者の選択肢

経営者としての資質があるか、しっかりとした見極めが必要  経営者としての資質があるか、
しっかりとした見極めが必要

後継者候補がオーナー経営者からは良く見えても、その他の従業員にとってはそうは思われていないケースも少なくないのです。承継の結果、重要なキーマンの離反を招く可能性も考えられます。

またオーナー経営者の個人保証を含めた引継ぎとなる場合、後継者が事業に関する現状をきちんと認識していることや、 リスクを引き継ぐ覚悟等を確認したうえで、慎重に検討する必要があります。
従業員への承継では、従業員が個人保証の引継ぎを拒否する、あるいは金融機関がオーナー経営者の個人保証の一部 あるいは全部を解除しないといった事態も想定されます。

さらに、資産を引き継ぐ際の資金面についても乗り越えるべきハードルは高く、優良企業であればある程、その資金を調達するハードルが高くなります。


後継者へ安く譲渡すれば大丈夫では?
そう考える経営者もいらっしゃいますが、税法上の公正な評価額よりも低い株価で株式譲渡を行ってしまった場合、 「低廉譲渡」で「贈与」があったものとみなされ、多額の税金を後日負担しなければならなくなる可能性があり、 注意が必要になります。

後継者の選択肢

親族と従業員、
どちらかへの承継?
他に良い選択肢は
ないのだろうか・・・

後継者の選択肢

頭を悩ませていた私のもとに、一通の手紙が

M&Aで、事業承継?



M&Aで得られる
メリットとは

事業承継の問題解決 ハッピーリタイア 従業員の雇用安定

頭を悩ませていた私のもとに、一通の手紙が

M&Aでハッピーリタイアを実現した人たちがいるんだ・・・!  M&Aでハッピーリタイアを
実現した人たちがいるんだ・・・!

自主廃業を考えた時もあった。

自主廃業を考えた時もあった。

息子を社員として迎え、勉強をさせようと、私と同じように経理や総務を担当させていました。 もちろん、継いでもらいたいという気持ちを持ちながら、その適性があるかどうかを窺っていました。一方、私自身がこれまで経験した苦労を彼に負わせるべきか?という迷いが常にあったのです。息子に苦労を掛けたくない。そんな思いがあり家族承継はしたくありませんでした。そんな時に、M&Aという方法を知り、今は顧問として、従業員の成長を見守りながら、会社に残っています。

もっと見る ▶
大切な会社だからM&Aをしました

大切な会社だからM&Aをしました。

今から数年前、身内に会社を託したときに、経営が悪化し、潰れてしまうのではないか。というところまで追い詰められたことがありました。M&Aは、ここまで築き上げてきた会社を託すのですから複雑な気持ちになりました。しかし、大切な会社だからこそ存続させたい、社員の生活を保障するためには、最適な選択だと判断しました。もちろん、今でもこの選択が間違いでなかったと思っています。

もっと見る ▶
やりたい事業に専念することができました。

やりたい事業に専念することができました。

65歳になったあたりから、会社の承継について考えるようになっていました。私は昔から、身内を自分の会社に入れないというルールを決めていました。社内の人間に会社を託すことも考えましたが、“全部任せてください”という社員はひとりとしていませんでした。従業員やお客様のことを考えると、会社をたたむわけにもいかず、先行きが不安な時代の中では、彼らの雇用を維持してくれる他の会社に託したほうが良いのではないか。と思うようになりました。結局、M&Aキャピタルパートナーズさんと会ってみようと考え、M&Aという解決もあるのだと気づいた時には、もう決心していたのかもしれません。

もっと見る ▶

そして・・・私は大きな安心を手に入れました。あのとき、M&Aを知ることができてよかった。

M&Aは、
あくまで選択肢のひとつ。

弊社では、M&Aを選択肢のひとつとしてお考えいただきやすいよう、着手金や月額報酬などはいいただいておりません。買い手となるお相手企業と基本合意にいたるまでは無料で支援いたしております。

ぜひこの機会に、M&Aについて知識を深めていただき、事業承継の選択肢を広げていただけましたら幸いです。

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

相談無料・秘密厳守にて
ご対応いたします

貴社名
氏名
メールアドレス
役職
売上規模
お問い合わせ種別
ご相談内容

■ 個人情報保護について 下記の【プライバシーポリシー】をお読みいただき、同意いただける場合は、同意するにチェックを入れ「入力内容確認画面へ」をクリックしてください。

■ 情報セキュリティーについて 弊社ホームページは、情報セキュリティ対策の一環として、ジオトラストの認証を受けております。 個人情報を入力するページについては、SSL(セキュリティを高める暗号化通信の仕組み)を導入しており、ネットワークを経由する情報は暗号化され個人情報が保護されます。

当社既定の「プライバシーポリシー」の内容に同意する

※ご同意いただけない場合は送信ができません。

ページトップへ戻る