東洋建設(1890)が、東建サービスなど子会社3社を合併 

2022-02-08
東洋建設株式会社は、連結子会社である東建サービス株式会社、とうけん不動産株式会社及び東建テクノ株式会社を、東建サー ビスを存続会社として同年4月1日付で合併することを決議し、合併契約を締結したことを発表した。
また、取締役会において、存続会社である東建サービスの定款変更について決議し、商号をテクオス株式会社に変更することとした。

本合併により、新会社であるテクオス株式会社は、グループにおけるストックビジネスの中核会社となり、今後の発展を目指すものであり、さらに、建築事業の強化戦略である ReReC®(Renewal・Renovation・Conversion)との親和性も高く、協働によるシナジーも期待できるものである。
なお、商号のテクオスは、事業を通じて人と環境に優しい社会を支える存在でありたいとの思いから、Toyo ECO Support の頭文字から取ったものである。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。