H.I.S.(9603)、子会社ハウステンボスの売却を発表 PAGグループに666.6億円で全保有株式を譲渡

2022-08-30
株式会社エイチ・アイ・エス(以下、総称して「HIS」)は、連結子会社であるハウステンボス株式会社(以下「ハウステンボス」)について、HISが所有する全株式を、PAG Asia Capital Limited とその関連会社(以下、総称して「PAG」)が運用するプライベート・エクイティ・ファンドが管理する特別目的会社であるPAG HTB Holdings株式会社(以下「譲受会社」)に譲渡することを締結を決議した。


譲渡の目的

HISは、2010 年4月よりハウステンボスの経営再建をすることを使命とし、日本が目指す観光立国の実現に寄与すると共に、地域の活性化・雇用の創出を図るべくテーマパーク事業に参画した。開業以来 18 年赤字が続いていたハウステンボスだったが、様々な改善・改革を重ね、HISグループ傘下になった年より10 期連続黒字化を達成した。直近事業年度はコロナ禍により赤字決算となったものの、安定した経営基盤を背景に開業 30 周年事業の施策も展開し、今期は黒字化の見込みとなっており、経営再建・地域の活性化・雇用の創出という当社の役割は果たせたと考えている。

HISは「世界の人々に喜びと感動を提供し、新しい観光ビジネス都市を創造します」というハウステンボスの企業理念の実現にむけて、更なる成長と競争力強化を図るため、テーマパーク事業に関する知見を有し、機動的かつ柔軟に資金供給を行うことができるHISグループ外のパートナーがハウステンボスと連携をより強力にしたうえで事業を追及していくことが、ハウステンボスの更なる発展につながるとの結論に至り、所有するハウステンボスの全株式を譲渡することとなった。

PAG は、エンターテインメント業界を投資における注力分野の一つとし、テーマパーク事業については、2013年12月のユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する株式会社ユー・エス・ジェイ(現合同会社ユー・エス・ジェイ)への出資の実績を有している。また、PAG は、今後のハウステンボスのアトラクション導入・イベント投資によるテーマパーク事業の拡大、テーマパークとしての魅力度を高めることで、より強固なブランド醸成を通じた集客力向上の可能性、及びレジャー市場の回復の見込み等を踏まえ、ハウステンボスを高い成長性を有する企業である。

HISは、PAG によるテーマパーク事業に関する知見を活用した効果的な資金供給のもとで事業拡大を図ることが、ハウステンボスの中長期的な企業価値の向上に資すると判断し今回の株式譲渡に至った。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。