M&Aニュース

オリックス(8591)、DHCを買収 吉田嘉明会長兼社長は株式譲渡完了後に退任へ

2022-11-14
オリックス株式会社(以下、「オリックス」)は、本日、株式会社ディーエイチシー(以下、「ディーエイチシー」)の大株主である吉田嘉明氏との間で株式譲渡契約を締結し、当社がディーエイチシーの株式を譲り受ける基本的な合意に達した。

今後、株式譲渡の手続きとともに、当社とディーエイチシーその他株主との間で、株式取得を含めた協議を進めていく。

株式譲渡契約締結の理由

ディーエイチシーは、業界を代表する大手化粧品・健康食品メーカーとして、長年の実績を有している
これまで積極的なテレビでの PR 活動や通信販売などを通じて、国内で高い知名度を有し、幅広い年齢層の方々に支持されており、直営店に加えて、コンビニエンスストアやドラッグストアなど通信販売以外の広範な販売チャネルを有している。
化粧品および健康食品は、人々の健やかな暮らしを支える役割を担っており、コロナ禍を経て健康意識が高まる中、今後も安定した需要が見込まれる。オリックスは、医療機器販売会社の株式会社イノメディックス(本社:東京都文京区)や製薬会社の同仁医薬化工株式会社(本社:東京都中野区)への出資等を通じてヘルスケア事業に注力しており、本出資は、オリックスグループにおける同分野のネットワーク拡大に寄与するものである。

オリックスは、長年培った企業価値向上のノウハウを生かし、ディーエイチシーの円滑な事業承継、ならびに、同社のコンプライアンス体制やコーポレートガバナンスのさらなる強化を推進する。また、同社代表を務める吉田嘉明氏は、株式譲渡完了後に退任を予定している。今後は新たな経営体制の下、様々なステークホルダーへ引き続き貢献するとともに、持続的な社会の実現に向けて活動していく。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

着手金無料の報酬体系 M&Aとは
安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

M&Aへの想い アドバイザー紹介 M&Aストーリー
信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供します。

M&A成約実績 メディア掲載実績 セミナー実績

M&Aご成約事例
“それぞれの選択”