日立製作所(6501)、デジタルシステム&サービスセクターの国内グループ会社を再編 DX・クラウド分野を中心にITサービス事業を強化

2022-11-18

 株式会社日立製作所(以下、日立)は、DX(デジタルトランスフォーメーション)・クラウド分野を中心にITサービス事業を強化するため、デジタルシステム&サービスセクターの国内グループ会社を再編する。

 株式会社日立インフォメーションエンジニアリング(以下、日立インフォメーションエンジニアリング)のデータセンターソリューション事業を日立システムズグループに事業移管し、システムソリューション事業およびテクニカルコミュニケーション事業を日立ソリューションズグループに事業移管する。
日立インフォメーションエンジニアリングは、引き続き自社で保有する横浜データセンタ資産管理運用を継続します。デジタルシステム&サービスセクターは、各社の強みであるDX/SI事業およびクラウド、データセンター事業のシナジーを強化することで、今後もお客さまや社会の課題解決に貢献していく。

 

新しい価値提供に向けて

  デジタル化の加速やカーボンニュートラルなど環境対応等、社会や企業の課題の多様化が進み、ITサービス事業を取り巻く環境が急速に変化している。
日立は2024中期経営計画においてデジタルとグリーンに関する事業ポートフォリオや人財を継続的に強化することで顧客の多様な課題を解決することをめざしている。今後、一層ニーズが高まる大規模クラウド対応やデータセンターの環境対応、お客さまへのセキュアで安全・安心なITサービスの提供に向け、事業を再編・統合するとともに、高信頼なSI・システムサービス提案力と開発スキルなどの強化を図っていく。


DX・クラウド事業の体制強化

  現在、日立インフォメーションエンジニアリングでは、高信頼なITシステム運用環境を提供するデータセンターソリューション事業、システム設計、開発・運用を提供するシステムソリューション事業、GUIやWebなどのエクスペリエンスデザインやドキュメント制作を行うテクニカルコミュニケーション事業を展開している。

  今回、日立インフォメーションエンジニアリングと日立システムズグループ各社にて展開していたデータセンターソリューション事業を統合しケイパビリティの融合を図り、カーボンニュートラルなどの多様なニーズに応えるとともに、顧客のクラウドリフト&シフトにいち早く対応し、マネージドサービス事業を拡大していく。
  また、日立インフォメーションエンジニアリングの社会インフラ・産業分野のお客さまとの協創により培ってきたSI・システムサービス提案力や開発スキル、上流でのエクスペリエンスデザイン人財によるコミュニケーションデザイン力を日立ソリューションズグループと統合することで、より大規模なプロジェクトの推進やさまざまなお客さま課題への対応力強化を図り、DX実現に向けた新たな価値を提供する。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。