トッププレイヤー
インタビュー
掲載中

クライアントへの最大貢献と
全従業員の幸せを求めて
世界最高峰の投資銀行を目指す

世界最高峰の投資銀行への道のりは、遠く、険しい。
しかし私たちには、お客さまの想いに誠実に、
高い情熱を持って向き合い、
本気でその道を歩み続ける仲間たちがいます。
その遠く険しい道のりを、
覚悟を持ってともに歩んでくれる同志をお待ちしています。

トッププレイヤー
インタビュー
トッププレイヤーインタビュー
中村 悟
中村 悟
代表取締役アドバイザー歴:17年
“一流のM&Aアドバイザー
の条件”

M&Aは何億、何十億、何百億という、とてつもなく大きな資本が動く企業戦略の一つ。M&Aアドバイザーは何百人、時には何千人の人生を左右する大きな意思決定の橋渡しをする、非常に大きな責任とやりがいを伴う仕事です。
常に自分が100%の状態で、1ミリの私心もなく誠実にお客さまに対峙しなければ、百戦錬磨のオーナー様や大企業の役員の方々にはすぐに見抜かれてしまいます。一件たりとも同じディールはないため、常に自身の人間性を高め続けること、専門的な知識を身につけるための勉強を怠らないことが大事です。またより多くのお客さまに貢献していくためには、一時たりとも行動量を落とさずに種を蒔き続け、ディールを自ら創出し続ける姿勢も必要です。

インタビューの続きを見る
  • 鈴木 康士
    鈴木 康士
    企業情報十五部 部長アドバイザー歴:7年
  • 前川 勇慈
    前川 勇慈
    企業情報七部 部長アドバイザー歴:13年
  • 増田主任
    増田 勇貴
    企業情報十五部 主任アドバイザー歴:3年
  • 龍 高志
    龍 高志
    企業情報十五部 主任アドバイザー歴:2年
M&Aキャピタルパートナーズとは?

M&Aキャピタルパートナーズとは?

”クライアントファーストのM&A”を貫き、世界最高峰の投資銀行へ

M&Aキャピタルパートナーズは、東証プライム上場のM&A仲介会社です。中堅・中小企業を対象としたM&Aアドバイザリーサービスを展開しています。 2005年の創業以来、資本承継にお悩みの経営者様に寄りそい、事業承継の選択肢の一つとしてM&A仲介サービスを提案し、実績を積み重ねてまいりました。

私たちは創業以来、「決心に真心でこたえる」という言葉を大切にしてまいりました。創業以来、一貫してつづける着手金無料、M&A仲介業界では最低水準の手数料率など、常にお客さまのことを最優先に考えるクライアントファーストのM&Aを心がけてまいりました。今後もM&A仲介業界のリーディングカンパニーとして、お客さまにとって最高のパートナーを目指してまいります。

  • 会社名
    M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
  • 上場市場
    東証プライム市場 (証券コード:6080)
  • 事業内容
    M&A関連サービス事業
  • 設立
    2005年10月
  • 資本金
    28億円 (2022年3月31日現在)
  • 従業員数
    連結 214名 単体 146名 (2022年3月31日現在)
業界内でも桁違いの株式譲渡平均額企業の大きな決断の一端を担う仕事イメージ
M&A仲介業界において
圧倒的な株式譲渡平均額
企業の大きな決断の一端を担う仕事
弊社が携わるM&Aの株式譲渡平均額は約13.3億円。5件に1件以上が手数料1億円以上の大型案件です。(2021年9月期 弊社単体)
M&A仲介業の中でも桁違いの金額であり、過去最高となる実績を更新し続けています。大型案件であればあるほど、複雑なスキームや専門知識が必要となり難易度は高くなりますが、その分大きなビジネスに一貫して深く携わることができます。企業にとって大きな転機となり得る、M&A。お客さまのご決断が最適解となるように、M&Aアドバイザーは真に価値のあるご提案を行う責任を担っています。
最高峰の環境・仲間と共に圧倒的なスピードで成長できるイメージ
最高峰の環境・仲間と共に圧倒的なスピードで成長できる
M&Aアドバイザーの生産性はM&A仲介業界No.1を誇り、一人当たりの売上高は約1億3,561万円。(2021年9月期単体/コンサルタント数は期初の人数)
弊社では担当したM&Aの全ての工程を、一人のM&Aアドバイザーが専任で進めます。そのため携わる業務の幅は広く、だからこそ圧倒的なスピードで成長できます。頑張った分だけ評価される給与体制、社内全体で一丸となって共有しあう文化、先輩・上司の徹底したサポート体制など、トップレベルの環境下でさまざまな経験や知識、能力を身に付けられます。成長次第では、1年で大きな実績を残し活躍することができます。
大型M&A案件を創出し、クロージングまで導く支援体制
大型M&A案件を創出し、
クロージングまで導く支援体制
M&A仲介業界における大型案件をソーシングするためのブランド力はもちろんのこと、経験が豊富な公認会計士・弁護士チームをエグゼキューションにアサインできる体制を構築しています。また、ドキュメントの作成のプロフェッショナルチーム、ストロングバイヤーを戦略的にフォローする買収戦略専門チームなど、M&Aアドバイザー全員が最高の環境で大型案件に取り組める支援体制が大きな強みです。
あらゆるM&Aニーズ・スキームにワンストップで対応できるグループ総合力
あらゆるM&Aニーズ・スキームにワンストップで対応できるグループ総合力
近年増加する企業再生ニーズにはみらいエフピー、上場企業を含む業界再編にはレコフのアドバイザリーチームの経験値やレコフデータの調査力が強みを発揮、クロスボーダーのニーズ対してもレコフに専門チームがあります。M&Aキャピタルパートナーズには事業承継型M&Aにのみならず成長戦略型M&Aや、上場企業/大手企業のM&Aなど幅広く対応。グループの総合力で、あらゆるM&Aニーズにワンストップで対応が可能です。
M&A仲介業界における国内最高のブランド力を確立

株式会社東京商工リサーチ調べ調査概要: 2022年3月31日時点 上場M&A仲介業者・未上場大手 M&A仲介業者など指定領域における競合調査。

About M&A
M&A仲介業とは
人のために挑み続ける仕事がある
約127万人が後継者未定
出所:中小企業庁 第三者承継支援
総合パッケージ(2019年12月20日)
現在、少子高齢化によって70歳を超えた企業オーナー様の割合が増加しており、後継者が見つからずに休廃業を選択する中小企業が後を絶ちません。このことは大きな社会問題となっており、ひいては日本経済にも影響を与えています。一方で「より一層の成長を目指したい」というニーズを持った企業も増えてきています。こうしたさまざまな企業の問題解決に、M&Aは有効な選択肢の一つになり得ます。私たちは業界のリーディングカンパニーとしてM&Aを世の中に伝えていき、1社でも多くの企業のニーズに寄り添いご支援することで企業の発展、そして日本経済の成長に貢献してまいります。
一流のビジネスパーソンとして成長できるイメージ
一流のビジネスパーソンとして成長できる
M&Aに携わるために培うべき能力は非常に多岐にわたります。お客さまとの信頼関係を築き上げるコミュニケーション力、一切の私心なくお客さまに寄り添える群を抜いた誠実さ。
財務・税務・法務・業界理解などの専門知識。課題に対し論理的に解決策を見出せる分析力。さまざまな企業関係者の方へ提案を進めていく交渉力。これら全てを身に付けることでM&Aアドバイザーとしてだけではなく、どんな企業・業界でも活躍できる一流のビジネスパーソンに成長できます。
一流のビジネスパーソンとして成長できるイメージ
企業経営に深く携われる
M&A仲介業は多くの利害関係者・企業の間に立ち、M&Aに関するプロジェクトの全行程をリードしていきます。企業経営者や大手企業の中枢を担う方々を相手に、直接M&Aに関するご提案や課題解決へのご支援、さらには企業を変革する「主体者」の一人としてさまざまな企業の経営戦略に携わることができます。
一流のビジネスパーソンとして成長できるイメージ
涙を流されるほど感謝される究極の仕事
「長年心血を注いできた企業を譲渡する」という、経営者として大きな決断となるM&A。
お客さまの納得のいくお相手と条件が揃うまで、数年程度のスパンとなることが一般的で、時にはご希望の条件とうまく合致しないケースもあります。長期にわたってお客さまと向き合っていく仕事だからこそ、M&Aが無事成立した際に感じる喜びは格別のものです。直接お客さまから感謝の意をお伝えいただくことも多く、何事にも代えがたい達成感ややりがいを実感することが出来ます。時には涙を流されるお客さまもおられます。自身がこれまで行ってきたことを誇らしく思える究極の仕事と言えます。
Work
アドバイザーの仕事
M&Aキャピタルパートナーズで
働く理由
M&Aのやりがいイメージ

M&Aのやりがい

一件一件のM&Aにはドラマが存在します。 オーナー様から涙を流して感謝されるような場面に出会うこともしばしば。お客さまを思いやるというレベルを超えてお客さまに成り代わってひたすら誠実に対応をすれば、その分大きな感謝と感動を得ることができます。また、M&Aによって世の中を少しでも動かすような事例を創り出すこともできます。自身が手掛けた案件が新聞等に掲載され、業界地図を塗り替えるようなインパクトをもたらすこともあるのです。特に弊社においてはビッグディールが多いため、世の中へのインパクトの大きさをより強く感じることができるかもしれません。
M&仕事内容図
横スクロールでご覧いただけます

仕事内容

上場企業・大手企業の成長戦略ニーズや、中堅・中小企業の潜在的な事業承継ニーズに対し、アウトバウンド営業を通じて譲渡検討企業のソーシングを行っております。 その後、譲受企業とのマッチング~エグゼキューション~クロージングまで、M&Aのすべての工程を1人のアドバイザーで対応しています。
譲渡企業、譲受企業の双方をソーシングいたしますので、ご提案の幅は無限大といっても過言ではありません。 成長戦略/事業承継などM&Aで生み出せる価値は、一人ひとりのアドバイザーの裁量に委ねられています。

給与体系イメージ

給与体系

5年連続で国内No.1となる平均年収を実現。創業以来、一貫して変わらない国内最高の人財に報いる報酬体系を確立しています。2021年度M&Aアドバイザーの平均年収は2,688万円。

給与内訳

月額固定給×12ヶ月+営業インセンティブ(四半期毎支給)+業績連動賞与(年2回)+360度評価インセンティブ(年4回)

2021年度実績

●年収2,688万円(全社員平均)  
●年収3,594万円(在籍1年超のM&Aアドバイザー平均)
●年収 715万円(初年度未成約時平均)

2020年度実績

●年収2,269万円(全社員平均)  
●年収3,245万円(在籍1年超のM&Aアドバイザー平均)

2019年度実績

●年収3,109万円(全社員平均)  
●年収4,247万円(在籍1年超のM&Aアドバイザー平均)

M&仕事内容図

最高峰のM&Aアドバイザーを目指すという一直線のキャリア

世界最高峰の投資銀行になるためには、一人ひとりのM&Aアドバイザーが世界最高峰の投資銀行家になる必要があります。

M&Aキャピタルパートナーズという土台では、成長するにつれ各々が仕掛けるM&Aの規模が大きくなります。数億と数百億のM&Aでは、経験・知識・能力などあらゆる面で、仕事のレベルが異なり、通常では考えられないスピードで成長を果たすことができます。

私たちと共に、クライアントの想いに誠実に、高い情熱を持って向き合い、世界最高峰の投資銀行家へ本気で挑み続けていただきたいと考えております。今後は、海外にネットワークを持つ企業をグループ化していき、世界最高峰の投資銀行に少しずつ歩みを進めて参ります。

※M&Aで経営統合した会社の代表取締役や役員になった社員や、職種にかかわらず部署をまたいで活躍をする社員がおります。

System
人材育成
一流のM&Aアドバイザーへ導く
育成システム
未経験者を専門家にするための育成システム
Point 1
未経験者を専門家に
するための育成システム
いつ、何を、誰から、どのような方法で学ぶかを体系化した自学自習システム「OJTロードマップ」を使い、入社から6ヶ月に渡りE-ラーニングやOJTにより高品質なプログラムを受けることができます。また、M&Aアドバイザーとして必要なスタンス・スキルを体得するための各種研修(フォローアップ研修・ロジカルシンキング研修・7つの習慣研修・企業評価研修)もございます。
未経験者を専門家にするための育成システム
Point 2
密度の高い情報共有

M&Aは一人の担当で進めていくものの、一人の力だけで完結することはできません。マッチングのアイデアやディールの論点に応じたスキーム立案、クロージングに向けた契約条項の調整など、組織全体の知恵を引き出すことでお客さまへ最高峰のご提案ができると考えています。

そのために弊社では以下のような密度の高い情報共有を行うことで、どのような規模や状況のディールでも万全のサポートを得ることができます。

  • 毎週の成約案件事例共有
  • マッチングアイデアMTG
  • 様々なスキーム立案を可能にする公認会計士・弁護士チームのサポート
  • 複雑な論点への専門的な対応をまとめたデータベースの共有
未経験者を専門家にするための育成システム
Point 3
育成システムと情報共有の運用を
可能にするカルチャー

豊富な育成システムや密度の高い情報共有の仕組みはもちろんのことですが、それらを可能にしているのは、M&Aキャピタルパートナーズのカルチャーです。一人前になるまで先輩上司が新人の案件にコミットし同行を続けることや、採用時には「人生を背負う」という覚悟で臨むこと、これらを当たり前のこととするカルチャーこそが、実は成長を促す最大の要因であり、簡単には真似のできないM&Aキャピタルパートナーズならではの強さであると考えています。

FUTURE
M&Aの未来
今後私たちが切り拓くマーケット
国内企業が関わる
M&A件数は過去最高を更新
アフターコロナでも活況が
予想されるM&Aマーケット

2021年1-12月の日本企業のM&A件数は4280件と、2020年の3730件から550件、14.7%増加しています。 ベンチャー企業へのM&Aは1693件と、前年の1333件を大幅に上回りました。 その中でも、国内ベンチャー企業への投資(IN-IN、OUT-INの合計)が1438件、84.9%を占めています。(レコフデータ調べ)

マーケットの変化への対応

従来の事業承継型のM&Aは、弊社においても引き続き、ご支援させていただくことが多くなっております。 一方で、成長発展型・選択と集中等の割合が増加しており、ニーズが多様化してきていると言えます。 従来の事業承継型のようなニーズが明確なものだけではなく、あらゆるニーズにお応えできる企業が、今後このM&A業界で勝ち残ると考えられます。弊社の強みが更に際立つ未来がやってくるでしょう。

マーケットの変化への対応イメージ
横スクロールでご覧いただけます
成約件数と業績
成約件数と業績
募集要項
職種 M&Aアドバイザー
募集人数 若干名
必須条件 2024年3月までに大学・大学院を卒業または卒業見込みの方
給与
給与

月額固定給×12ヶ月+インセンティブ

昇給・昇格は年2回(4月・10月)

諸手当

残業手当/通勤手当(月額5万円まで実費支給)/慶弔見舞金(社内規定による)/社会保険完備

勤務地・交通

本社:東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウノースタワー38階

但し、将来拠点拡大による転勤の可能性あり。

JR東京駅より徒歩約1分(駅直結)

Googleマップ
勤務時間

8:00~17:00 (所定労働時間:8時間0分)

休憩時間:60分

時間外労働有無:有

休日・休暇

完全週休2日制(休日は土日祝日)

年間有給休暇12日~20日(下限日数は、入社半年経過後の付与日数となります)

年間休日日数124日

完全週休2日制(土日)、年末年始休暇(12/29~1/3)、慶弔休暇、産休育休、半日有給休暇取得可

応募方法

Goodfindよりエントリーください

ENTRY

事前に企業紹介動画や公式HPをご確認いただきエントリーください。

選考内容

【1】書類選考(ES)→【2】適性検査→【3】面接(複数回)→【4】内定

各種制度

社内表彰制度あり(四半期毎)

納会(四半期毎)

社員旅行(年1回)

群を抜く誠実さと、
高い情熱で経営者に
信頼いただき、
M&Aについて専門性を
日々高め続けられる
謙虚さと熱意を持った方を
募集しています。
採用エントリーはこちら