社員紹介平山優也
Interviews1YUYA HIRAYAMA

ひたむきに、謙虚に。“一生に一度”の想いに応えたい。

平山 優也企業情報第二部

この人と一緒に仕事がしたい。

大手銀行系証券会社に勤務していた私がM&Aに興味を持ったのは、担当企業の中で事業承継に悩むオーナー様が数多くいらっしゃったことがきっかけ。何とか解決する方法はないだろうか……そう考え始めた時に出合ったのが、M&Aキャピタルパートナーズでした。

「世界最高峰のブランドと人材・実力を持つ投資銀行へと常に前進・拡大していく」。その行動指針に何より魅力を感じていましたが、やはり一番の決め手は社長の中村との出会いでした。まず、最初の面接でいきなり、代表の中村が出てきたことに驚きました。次に面接が始まると、前職での経験や業務内容、成果だけではなく、努力してきたことなどを高校時代までさかのぼって聞いてくれ、私のパーソナリティを大切にしてくれていると感じました。 前職でも多数の経営者とお会いしてきましたが、とても信頼感があり人としての魅力を感じたことが、入社を決意する大きな決め手となりました。

入社してみて感じたのは、個々人はもちろん、組織として成長しようとする風土があること。“世界最高峰の投資銀行”という目標に対しても、社員の誰もが情熱を持って取り組み、実現を信じて疑いません。「どうすれば実現できるのか」「さらなる会社の成長に向けて何が必要なのか」など、メンバー各々が真剣に考え、アクションに結び付けています。社員の自発的行動により、有志にて立ち上がった「生産性向上プロジェクト」はその代表的なもの。部長クラスから入社半年足らずの新人メンバーまで役職に関係なく参画し、よりよい組織を実現するチャレンジを続けているのです。

平山優也イメージ01 平山優也イメージ02
平山優也イメージ03

どんな困難だって、乗り越えていける。

オーナー様と向き合う際には、常に冷静かつ誠実でいることを心がけています。中堅中小企業のM&Aでは、案件に関わる人数も限られているため、一人ひとりの感情の変化によって案件の方向性が揺らぐことも少なくありません。特に、譲渡するオーナー様にとっては“一生に一度の決断”になるわけですから、感情的になるのは当たり前のこと。だからこそアドバイザーには、冷静かつ誠実にオーナー様に向き合い、最善の提案をしていくことが求められるのです。

この仕事は、大きな責任とやりがいのある最高の仕事です。その反面、案件によっては時には夜遅くまで業務が続くこともあります。けれど、私にはオーナー様の想いに応える責任がありますし、その仕事ぶりで多くの人の運命が変わることもあります。明確な目標と情熱を持ち、譲渡オーナー様や社員の皆様への想いを忘れないこと。それがあれば、どんなに困難だって、乗り越えることができるのです。

世界最高峰の投資銀行マンとして恥じない人格を身につける。それが今の私の目標です。どれほど成果を上げても、専門性を身につけても、傲慢な人間は信頼してもらうことはできません。どこまでもひたむきに、謙虚に、この道を歩み続けていきたいですね。