社員紹介鈴木亮祐
Interviews3RYOSUKE SUZUKI

自らのスキルを最大限に発揮し、多くの人を笑顔にしたい。

鈴木 亮祐企業情報第六部

その想いをしっかりと受け止める。

「自らのスキルを最大限に発揮し、より人に役に立つ仕事をしたい」

それが、私が当社に転職を決めた最大の理由でした。前職の証券営業時代は、業務がルーティン化していたため、学んだ知識や専門性をお客様に提供できないジレンマを抱えていたのです。そう考えていた矢先のこと、M&Aを実行されたオーナー様が心から喜んでいる姿を目の当たりにしたことがありました。この分野なら、自分の知識や専門性を駆使して、より多くの人を笑顔にすることができる、と確信しました。

そして、当社へ入社後、私には忘れられない案件があります。オーナー様は70代。年齢のこともあって、事業承継についてお悩みでしたが、M&Aに対する抵抗を払拭できず、情報提供や事業承継の相談を繰り返していました。その中でいただいたのは「従業員にとって良い選択になるならば」というお言葉でした。

この想いをしっかりと受け止めて仕事をしよう。私はそう決意し、自分の都合でなく、お客様のことを考え抜き、誠心誠意向き合っていく姿勢を貫きました。すると、最終的には「この相手なら」と合意していただいたうえ、「こちらの想いを汲んでくれた」と感謝のお言葉までいただくことができたのです。オーナー様の気持ちを自分のことのように受けとめM&Aを進めたからこそ、感動も大きいものでした。

鈴木亮祐イメージ01 鈴木亮祐イメージ02
鈴木亮祐イメージ03

どんな困難だって、乗り越えていける。

M&A仲介業務は複雑な仕事であり、相反する要望を満たしていく仕事。すべてがマニュアルどおりにいくものではありません。試行錯誤しながら、解決策を見出す日々を過ごしてきましたが、現在は案件を進めるうえですばらしい環境が整っています。顧問の弁護士、会計士、司法書士の方々は、私たちの業務に好意的に親身に支援してくれますし、職場も風通しのよい環境であるため、多くの知見を社内外から学ぶことができます。

この仕事は、長期間にわたってオーナー様や企業経営トップの方と接し、「全力疾走し続ける仕事」です。私たちの行動や発言は大きな影響を与えるため、常にベストを尽くす必要があると考えています。だからこそ、私たちは一つひとつの案件をチームで「お客様に信頼していただくために何が必要か」「チーム内でどのような連携をとるべきか」議論を重ねながら進めていきます。そして、一つひとつの行動が実を結び、成約に至った時には、大きな喜びを共有することができるのです。

私は、当社が上場する前から在籍していますが、こうした喜びを積み重ねながら、会社の成長を間近で見ることができました。これから入社してくる仲間にも同じ喜びと、さらなる成長を感じてほしいと思っています。今後は、当社を牽引していく立場として、多くの人を笑顔にしていきたいと考えています。