お知らせ

病院・クリニックの経営者を対象にした「病院のM&A意向」の実態調査実施のお知らせ

2022-04-20

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社(東京都千代田区・代表取締役社長 中村悟)は、2022年4月「診療報酬改定」以降、業界で初めて病院・クリニックの経営者を対象にした「病院のM&A意向」の実態調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。

【病院M&A動向調査】
 2022年4月の診療報酬改定に伴い半数以上の病院経営者が経営戦略を再検討
「病院経営者の48%が、病院の経営は専門家に任せたいと回答、75%が周囲ではM&Aが実施されていないと回答」

病院のM&A以降 実態調査のまとめ

■調査結果まとめ
今回の調査では、新型コロナウイルス流行が事業に影響を与え、減収に至る病院が半数近くいる中、2022年4月に「診療報酬改定」が行われ、病院存続のために経営戦略の見直しを実施する経営者が多くいることがわかりました。
また、自身が運営する病院・クリニックに、4割以上(42.0%)も後継者がいない実態も明らかになり、経営者の約半数が、経営は専門家に任せて、医療業務に専任したいと回答しています。
経営戦略のため「M&A」を視野に入れている経営者は約4人に1人(28.0%)と一定数いらっしゃいますが、75.0%の経営者が「周囲ではM&Aが実施されていない」と回答し、事業承継や経営課題解決の選択肢の一つとしてM&Aへのご理解を深めていただくことが、今後の病院・クリニック経営に新たな可能性を見出せるきっかけになると推察されます。


<主な調査結果>
Q1, 現状の病院・クリニックの経営状況
Q2, 2022年「診療報酬改定」の影響
Q3, 経営戦略の見直しを実施する理由
Q4, 経営と医療業務の分離
Q5, 経営戦略としてM&Aという選択肢
Q6, 病院・クリニックの後継者
Q7, 第三者承継の譲受先
Q8, M&A活用状況
【ご案内】「病院経営戦略と病院M&A活用法」無料オンラインセミナー

Q1, 現状の病院・クリニックの経営状況
・新型コロナウイルス流行後、約半数の病院で「減収」

現状の病院・クリニックの経営状況


「ご自身が運営する病院・クリニックの後継者のご状況を教えてください。」と質問したところ、「未定もしくは後継者がいない」が42.0%、「親族内承継」が22.0%、「第三者承継」が17%という回答となりました。


Q2, 2022年「診療報酬改定」の影響
・52.0%が経営戦略の見直しを実施
経営戦略の見直しを実施状況
「あなたは、2022年4月診療報酬改定に伴い、経営戦略の見直しをすでに実施していますか。」と質問したところ、「はい」が52.0%、「いいえ」が48.0%という回答となりました。


Q3, 経営戦略の見直しを実施する理由
・「病院が存続・発展するための攻めの施策を行う必要があるから」が50.0%で最多

経営戦略の見直しを実施する理由
Q2で「はい」と回答した方に、「Q3.経営戦略の見直しを実施する必要があると思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=52)と質問したところ、「病院が存続・発展するための攻めの施策を行う必要があるから」が50.0%、「競合との差別化が重要になると思うから」が26.9%、「医療スタッフの負担軽減が急務となるから」が26.9%という回答となりました。


Q4, 経営と医療業務の分離
・病院経営者の約半数が「病院の経営は専門家に任せて、医療業務に専任したい」と回答
経営と医療業務の分離状況
「病院の経営は専門家に任せて、医療業務に専任したいと思いますか。」と質問したところ、「非常にそう思う」が13.0%、「ややそう思う」が35.0%という回答となりました。


Q5, 経営戦略としてM&Aという選択肢
・約4人に1人が、経営戦略のため「M&A」を視野に
経営戦略としてM&Aという選択肢
「経営戦略の見直しの1つの選択肢としてM&A(事業売却・買収・アライアンス)は視野に入っていますか。」と質問したところ、「非常に視野に入っている」が5.0%、「やや視野に入っている」が23.0%という回答となりました。


Q6, 病院・クリニックの後継者
・4割以上が、自身が運営する病院・クリニックに後継者がいない実態
病院・クリニックの後継者状況
「ご自身が運営する病院・クリニックの後継者のご状況を教えてください。」と質問したところ、「未定もしくは後継者がいない」が42.0%、「親族内承継」が22.0%、「第三者承継」が17%という回答となりました。

-「第三者承継」を選択した理由、「親族に医師がいない」や「血のつながりより能力を優先すべき」など-
Q6で「第三者承継」とお答えの方に、「Q7.あなたが後継者として「第三者承継」を選択した理由を、具体的なエピソードを交えて教えてください。(自由回答)」(n=17)と質問したところ、「親族に医師がいない」や「血のつながりより能力を優先すべき」など13の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・66歳:親族に医師がいない。
・69歳:血のつながりより能力を優先すべき。
・58歳:法人組織であり、理事長であるが自分がオーナーではないため。
・61歳:個人開設の診療所ではあるが、コンタクトレンズ販売店の隣接眼科であるため、承継が必要になった場合は販売店側で考慮するだろう。


Q7, 第三者承継の譲受先
・「近隣の医療法人」や「大手医療法人」がそれぞれ11.8%-

第三者承継の譲受先
Q6で「第三者承継」とお答えの方に、「Q8.譲受先を教えてください。」(n=17)と質問したところ、「近隣の医療法人」が11.8%、「大手医療法人」が11.8%という回答となりました。


Q8, M&A活用状況
・75.0%の経営者が、「周囲ではM&Aが実施されていない」と回答
M&A活用状況
「ご自身の周りで実際に「第三者承継」であるM&Aを経験された病院・クリニックの経営者はいますか。」と質問したところ、「はい」が25.0%、「いいえ」が75.0%という回答となりました。


【ご案内】「病院経営戦略と病院M&A活用法」無料オンラインセミナー
~今後の病院・クリニック経営に新たな可能性を見出せるきっかけに~
病院経営戦略と病院M&A活用法 セミナー 紹介
本セミナーでは、今回の調査を踏まえ、診療報酬改定の要点と病院M&Aの最新情報ならびに、それらを踏まえた病院経営戦略と病院M&A活用法をお届けいたします。
ご興味のある方は下記リンクからお申し込みください。
お申し込みはこちらから

<開催概要>
・日程:2022年4月22日(金)15:00~17:00
・会場:オンライン(LIVE配信)
※録画配信:配信期間 2022年4月25日(月)15:00~5月9日(月)23:59まで
・定員:100名
・参加費:無料