TEL.03-6880-3800

メニュー

業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 研究所
    研究所業界

    研究所とは、社会政策や政治戦略、軍事、技術、自然科学、人文科学、社会科学の研究、研究開発、試験および鑑定を行うための機関を指す。設立者は様々であり国際機関、国の中央政府、大学、企業、財団、個人などが挙げられる。企業が企業内に設立したものを企業内研究所といい、個人で設立した研究所の私設研究所と区別される。

    研究所業界の
    M&A動向はこちら
  • クレジット
    クレジット業界

    クレジットカード業界は、クレジットカードを媒体として「国際ブランド」「クレジットカード発行会社」「加盟店管理会社」で構成されている。クレジットカードとは、消費者が商品を購入する際に、カードの契約者の信用によって、後払い決済(支払)が可能なカードのことを指す。消費者が入手するためには、クレジットカード発行会社の審査を通過する必要がある。同様のカードにデビットカードやプリペイドカードがあるが、現金が引き落とされるタイミングが異なるため、仕組みとしては全く別物である。

    クレジット業界の
    M&A動向はこちら
  • 空運
    空運業界

    空運業とは、航空法に従い他人の需要に応じて航空機を使用して、有償で旅客・貨物・郵便物を運送する事業のことを指す。空運業社の中には、航空測量やGIS(地理情報システム)のような情報システムを取り扱っている会社もある。空運業には定期航空・不定期航空の種別があり、国外へ飛ぶか否かによって国際航空、国内航空に分かれる。ここでの空運業の定義としては、他人の依頼に応じて輸送する航空運送事業をさし、軍用航空や産業航空は含まないこととする。

    空運業界の
    M&A動向はこちら
  • 社会施設
    社会施設業界

    社会施設業とは公民館、図書館、博物館、水族館、動物園、植物園といった自然系博物館が社会施設として定義される。社会施設には、地方公共団体の設置する公立施設と、一般社団法人もしくは一般財団法人、宗教法人または政令で定める法人の設置する私立施設が存在する。

    社会施設業界の
    M&A動向はこちら
  • 漁業
    漁業業界

    漁業とは、営利目的で魚介類や海苔などの水産動植物の捕獲や養殖を行う産業のことを指し、水産物を取り扱う水産業に含まれる。水産業には、漁業以外にも卸売業や水産加工業、製塩業などが含まれる。漁業は、大きく「沿岸漁業」「沖合漁業」「遠洋漁業」に分けられるが、日本の漁業業界では「沿岸漁業」が従事者も多く、主流となっている。漁業は、魚介類消費国としても有名な日本の食生活を支えている。

    漁業業界の
    M&A動向はこちら
  • カメラ
    カメラ業界

    カメラ製造業とは、カメラおよびその付属品を製造する事業のことを指す。カメラは、フィルムカメラとデジタルカメラに大別される。フィルムカメラとは、記録媒体が「フィルム」のカメラを指し、記録されたフィルムを現像し、プリントすることで写真となる。デジタルカメラとは、フィルムの代わりに「イメージセンサー(撮像素子)」がカメラ内部に組み込まれ、光の情報を記録・変換し、メモリーカード等の記録媒体に記録する機能を持つカメラのことを指す。

    カメラ業界の
    M&A動向はこちら
  • 鉱業
    鉱業業界

    鉱業とは、鉱物などの地下および地表資源の鉱脈や鉱石を試掘・採掘及びこれに附属する選鉱・製錬を行う事業のことを指す。鉱業は、鉱業権、租鉱権、鉱区、鉱業に伴う土地の使用・収用、鉱害賠償などにつき規定した鉱業法という法律のもと、登録を受けた鉱物に対して試掘・採掘を行う。日本標準産業分類の大分類においては、「鉱業、採石業、砂利採取業」に分類され、それぞれ鉱業法、採石法、砂利採取法が適用される。

    鉱業業界の
    M&A動向はこちら
  • 石油
    石油業界

    石油事業者とは、石油製品の販売(原油・石油の輸入,精製,販売など)を行う事業者のことを指す。販売される主な石油製品には、燃料油や潤滑油などがある。燃料油には、ナフサやガソリン、軽油、灯油、LSA重油、A重油などが分類される。潤滑油には、マシン油、タービン油、冷凍機油、ギア油、コンプレッサ一油、スピンドル油、ダイナモ油などが分類される。石油事業者は、「石油元売」や「石油元売会社」「元売会社」などと呼ばれることが多い。

    石油業界の
    M&A動向はこちら
  • カラオケ
    カラオケ業界

    カラオケ業界は、カラオケ機器を製造するメーカーとカラオケ機器を利用してサービスを提供するディストリビューター、商社・販社、ユーザー(カラオケボックス、酒場など)、サービスを利用するエンドユーザー(歌い手)で構成されている。カラオケ機器とは、事前に制作された伴奏の録音を個室で再生する機器のことを指す。カラオケボックスや酒場では、伴奏の楽曲を再生しエンドユーザーが歌唱や演奏する。

    カラオケ業界の
    M&A動向はこちら
  • 技術サービス
    技術サービス業界

    技術サービス業とは、技術的なサービス等を提供する事業のことを指す。具体的には、獣医学的サービスや土木建築に関する設計や相談のサービス、商品検査、計量証明および写真制作などの技術サービスが挙げられる。技術サービス業は、日本標準産業分類の大分類においては「学術研究・専門・技術サービス業」に分類され、専門的な技術サービスなどを提供する事業所かつ、他の大分類に該当しない技術サービスを提供する事業所のことを指している。

    技術サービス業界の
    M&A動向はこちら

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。