業界別M&A動向

日本国内におけるM&Aの件数は近年増加傾向にあります。その背景には、企業を取り巻く環境の変化があります。規制緩和や自由化、景気変動、テクノロジーの進展、人口の減少や少子高齢化など、経営環境は常に変化しており、そのような中、事業の集約化、合理化、事業承継、事業再生など、全ての業種で規模に係わらずM&Aは経営手法の1つとして定着しています。 一方で、M&Aのメリット、ニーズ、タイミングなどは業界ごとに異なります。そのため、M&Aは業界別の特徴や動向を踏まえて検討をする必要があります。

  • 情報サービスNew
    情報サービス業界

    情報サービスとは、計算センターやデータセンターなどの情報処理・提供サービス業のことを指す。企業の課題を情報サービスで解決することに加え、情報サービスによる新規ビジネスの創出も実現している。 情報サービスを提供する職種には、上流と呼ばれる「概要設計」「要件定義」「基本設計」を担当する“システムエンジニア”と、下流の「詳細設計」「プログラミング」「テスト」「導入支援」などを担当する“プログラマー”の2種類がある。 “システムエンジニア”は、システム全体の「設計図」を書くことが仕事であり、システムを設計・企画する仕事である。 “プログラマー”は、システムエンジニアの設計に基づき、実際にコードを書いてシステムを構築していく仕事である。

    情報サービス業界の
    M&A動向はこちら
  • 倉庫・運輸関連業New
    倉庫・運輸関連業業界

    倉庫業とは、寄託を受けて顧客の物品を倉庫などで保管する受託事業で、運送業と並んで物流の中核をなす業態である。日本では倉庫業法により、施設・設備に関する基準を満たし、倉庫管理責任者を選任して国土交通大臣の登録を受けることが義務づけられている。単に場所貸しではなく、検品や在庫管理・流通加工・ピッキングから配送の他、インボイス作成などの通関業務、受発注データ管理まで、物流全体に関与している。その他の運輸関連業としては、港湾運送業(港湾内の運送)・運送代理店(事務代行等)・梱包業・海運仲立業(契約・仲介ブローカー)等があげられる。

    倉庫・運輸関連業業界の
    M&A動向はこちら
  • 医薬品卸New
    医薬品卸業界

    医薬品卸会社とは、医薬品をメーカーより仕入れ販売する専門商社を指す。医薬品は、病院や調剤薬局などに販売する「医療用医薬品」と、ドラッグストアなどに販売する「一般医薬品」に分けられる。 医療用医薬品の9割以上は、製薬会社から「医薬品卸会社」を経由して医療機関や薬局に流通し、残り1割は製薬会社が直接販売する。 一般医薬品の5割は、製薬会社から「医薬品卸会社」を経由して薬局・ドラッグストアに流通し、残り5割は製薬会社が直接販売する。 医薬品業界の職種として、MSやMRという職種がある。MSは、Marketing Specialistの略で、医薬品卸会社の営業職のこと。MRとは、Medical Representativeの略で、製薬会社の営業職である。前者はマーケティングの観点から医薬品流通に携わり、後者はメディカルの観点から医薬情報の提供に携わることを職務とする。

    医薬品卸業界の
    M&A動向はこちら
  • 物流・陸運New
    物流・陸運業界

    物流業は、製造業や流通業など他の業界内で「輸配送・荷役・流通加工・梱包・保管・情報管理」の役割を担っており、単体で独立したものではない、特殊な形態となっている。 物流業は、輸送・配送サービスを提供する「運送業」と、保管サービスを提供する「倉庫業」に大別される。運送業は、その中でも輸送機関ごとに、トラック運送業、宅配便業、鉄道業、海運業、空運業に分けられ、日本の産業競争力の強化や豊かな国民生活の実現と地方創生を支える、社会インフラとされる。

    物流・陸運業界の
    M&A動向はこちら
  • 病院New
    病院業界

    医療業の定義は、「医師又は歯科医師等が患者に対して医業又は医業類似行為を行う事業所及びこれに直接関連するサービスを提供する」事業のことである。大きく、病院、一般診療所、歯科診療所、助産・看護業などに分けられる。病院と診療所(クリニック)は、医療法によって「患者20人以上の入院施設を有するか、否か」で区別されている。

    病院業界の
    M&A動向はこちら
  • 設備工事New
    設備工事業界

    設備工事会社とは、高層ビルやマンションの建築、また駅前の再開発などの際に、建築物に付随する設備全般の工事業を主力とする事業を展開する会社のことを指す。代表的な設備工事の区分として電気設備工事、空調設備工事、衛生設備工事、消防設備工事などが挙げられる。一般的に、工事一式を受注したゼネコンと呼ばれる総合建設会社から、各区分ごとに設備工事を受注するケースが多い。また設備工事会社は、大型工事の工事一式を請け負うゼネコンに対して、工事の一部を下請けという形で受託することからサブコンと呼ばれている。

    設備工事業界の
    M&A動向はこちら
  • 建設New
    建設業界

    建設業の定義は、建設業法に基づく許可を受けて建設を行う事業のことである。建設業法では、工事を28種類に分類しているが、このうち土木一式工事または建築一式工事をまとめて請け負うものを「総合建設業(ゼネコン)」、大工工事、左官工事などの専門工事を部分的に請け負うものを「職別工事業(サブコン)」、電気工作物や空調などの設備部分を請け負うものを「設備工事業」と大別している。

    建設業界の
    M&A動向はこちら
  • 銀行New
    銀行業界

    銀行は金融機関の一種であり、預金の受け入れ・資金の貸し出し・為替取引などを行う。中央銀行である日本銀行は、銀行券(紙幣・貨幣)の発行を行う「発券銀行」であり、一般の銀行、長期信用銀行は「普通銀行」とされる。日本銀行以外の特殊銀行・共同組織金融機関および株式会社商工組合中央金庫も普通銀行には含まない。普通銀行も長期信用銀行も会社法に基づいて設立される株式会社の形態をとっている。

    銀行業界の
    M&A動向はこちら
  • 研究所
    研究所業界

    研究所とは、社会政策や政治戦略、軍事、技術、自然科学、人文科学、社会科学の研究、研究開発、試験および鑑定を行うための機関を指す。設立者は様々であり国際機関、国の中央政府、大学、企業、財団、個人などが挙げられる。企業が企業内に設立したものを企業内研究所といい、個人で設立した研究所の私設研究所と区別される。

    研究所業界の
    M&A動向はこちら
  • クレジット
    クレジット業界

    クレジットカード業界は、クレジットカードを媒体として「国際ブランド」「クレジットカード発行会社」「加盟店管理会社」で構成されている。クレジットカードとは、消費者が商品を購入する際に、カードの契約者の信用によって、後払い決済(支払)が可能なカードのことを指す。消費者が入手するためには、クレジットカード発行会社の審査を通過する必要がある。同様のカードにデビットカードやプリペイドカードがあるが、現金が引き落とされるタイミングが異なるため、仕組みとしては全く別物である。

    クレジット業界の
    M&A動向はこちら

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。