業界の定義

人材業界は、採用関連業務の代行や人材育成のための研修事業など幅広い形で展開しており、代表的なものとしては、「求人広告事業」「職業紹介事業」「派遣事業」「請負事業」に大別される。
「求人広告事業」は、主に求人提供者と就業希望者のマッチングを行い、ネットや雑誌などの媒体を利用することで、労働市場の下部構造として広く普及している。
「職業紹介事業」は、能力や人物評価などに関与し、よい高い専門技術を有する人材の確保したい企業をメインに、就業希望者とのマッチングを行う。
「派遣事業・請負事業」では、雇用主として直接、就業者と雇用契約を結んで、賃金や労働時間の管理を行う。

業界の特色

人材業界の特色のひとつとして、派遣先企業の要望に応じて労働者の派遣を行う人材派遣会社は、派遣先企業の業績や業界を取り巻く環境などにより、自社の業績に大きく影響を受けるという点がある。
また、競合企業との差別化が「派遣人材」であることから、派遣先企業の要求する水準に見合う人材をどれだけ多く、かつ安定的に確保できるかが重要となり、人材の見極めや教育、専門的なトレーニングなどのクオリティの維持が競争のポイントとなる。
加えて、法規制によって市場規模が大きく影響を受けることがあり、近年では2008年のリーマンショック後、規制強化で市場が大きく縮小した。

市場環境の変化

人材業界は、1986年の労働者派遣法施行を契機に業界が認知され、売上規模も拡大していった。それまで「終身雇用」が一般的な雇用形態とされていたため、人材サービスを受けるという発想が乏しく、新聞や雑誌に求人広告を出す程度で、雇用される側にとっても、転職はそれほど一般的でなかった。この法律施行を機会に、経営者・雇用者の双方の意識に変化が起こり始めた。
矢野経済研究所によると、
2017年度の人材派遣業、人材紹介業、再就職支援業の市場規模は事業者売上高ベースで前年度比23.5%増の6兆7,143億円となり、「人材派遣業」「人材紹介業」「技術者派遣ビジネス」「ネット転職情報サービス」「製造派遣・請負ビジネス」の各市場は前年度比で2桁のプラス成長を確保していると発表している。

2008年までは規制緩和や少子化、女性の人材不足などを背景に需要が拡大し、急速に成長を遂げていったが、同年秋のリーマンショックをきっかけに景気が後退し、売上が大きく落ち込み、派遣先企業が契約満了を待たずに一方的に契約解除を行ういわゆる「派遣切り」が社会問題となった。
2013年頃からアベノミクス等の影響で国内の景気が回復しはじめ、人材業界市場も徐々に堅実さを取り戻した。近年は、労働人口の減少や企業の事業拡大などが原因で、多くの業界が慢性的な人材不足に悩まされており、人材業界の需要は引き続き高まると考えられている。

課題と展望

転職率は1980年以降年々増加しており、現在も多くの企業が人材不足を抱えているため、成長産業とされている。
しかし、人材業界は法律やAIの進化、社会環境、景気などの影響を受け、状況が激しく変化する業界であるため、市場の需要を多角的に考慮し、事業展開できるかどうかが、今後のポイントである。

昨今では、働き方改革関連法や外国人労働者の受け入れがどのように進められるかなど、将来展望が大きく変化する可能性がある。
しかし、国内の就労人口の減少が増加に転じる可能性は極めて低いとされており、企業による人材の正社員化、および雇用を調整する手段としての有期雇用人材の活用は今後も拡大すると予想されている。

人材業界のM&A動向

建設業界では、長年に渡って業界特性により業界再編が起きにくいと言われていた。
主な要因としては、生産規模の拡大に応じて利益を得る「規模の経済」が働きにくい点に加え、2社以上の企業が合併し1社になることで、公共工事の入札参加機会が限定されるなどのデメリットが大きい点などが挙げられる。 過去のM&Aとしては、入札可能な営業エリアが限られていることから、同一地域または隣接地域でのM&Aや、優秀な現場監督や建設業免許を獲得するために同業者の中小企業をM&Aするケース、海外展開や事業承継を目的としたケースがある。


―主な事例ー

・協和エクシオ(東京都)は、2018年5月、電気通信工事で一気通貫した施工・保守体制を構築するため、シーキューブ(愛知県)、西部電気工業(福岡県)、日本電通(大阪府)の上場電気通信工事3社を経営統合した。また、2018年8月にも、塗装工事のコーケン(神奈川県)を子会社化しており、既存の事業を強化・拡大するためにM&Aを活用している。

・新興プランテック(神奈川県)は、総合プラントメンテナンス企業である。2018年9月に、JXエンジニアリング(神奈川県)と合併すると発表した。
JXエンジニアリングの技術を新興プランテックのプラントメンテナンス事業に活用することで、事業拡大を狙っている。

・ハイアス・アンド・カンパニー(東京都)は、後継者不在という問題を解決するため、事業承継を目的として、住宅会社のアンビエントホールディングス(香川県)及び子会社のハウス・イン・ハウス(香川県)から、「R + house事業」「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット事業」などを2018年1月に取得した。


弊社のM&Aご成約実績

  • 成約年数
    2022年6月
    対象会社(譲渡会社)
    人材派遣
    地域:中部
    譲受会社
    投資ファンド
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡
    譲渡企業は、業界特化型の人材派遣で急成長を遂げるベンチャー企業。オーナーは、若手幹部に徹底的な権限譲渡を行い、遣り甲斐をもって...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2021年11月
    対象会社(譲渡会社)
    人材派遣
    地域:関東
    譲受会社
    人材派遣
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡
    譲渡企業は、首都圏で人材派遣業等を展開。業績は順調でコロナ影響もなく伸びていた。またオーナーも40代と若く、事業意欲があったが、...
    実績詳細を見る
新着案件情報
  • 詳細業種 皮革製品のバッグ・財布・小物の企画・製造・販売
    所在地 関西
    概算売上 5億円~10億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 穀類卸売業
    所在地 非公開
    概算売上 非公開
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 基礎工事業
    所在地 中部・北陸
    概算売上 10億円~30億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 ビジネスフォーム印刷/パッケージ印刷
    所在地 中部・北陸
    概算売上 10億円~30億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 電気配線工事、情報通信工事
    所在地 関西
    概算売上 5億円~10億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 医療向けBPO
    所在地 非公開
    概算売上 5億円~10億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 高頻度・超低遅延証券トレーディングシステムの開発・販売・保守
    所在地 関東
    概算売上 5億円~10億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 鍛圧・工作機械の買取・販売・メンテナンス業
    所在地 関西
    概算売上 2.5億円~5億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 法人向け各種オフィスサービスの委託営業
    所在地 関東
    概算売上 10億円~30億円
    案件詳細を見る

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。