BEMACが欧州発電機メーカー買収、温室効果ガス排出量抑制に貢献

2023-10-23

イメージ画像

BEMAC、欧州発電機メーカーThe Switchを買収

BEMAC株式会社は、フィンランドの永久磁石同期機(PMM)および直流配電盤・モータードライブインバータ、高速誘導電動機のメーカーであるThe Switch Engineering Oyを買収することとなった。BEMACが筆頭株主として、三井物産株式会社と共同でYaskawa Europe Holding ABが保有するスイッチ社の全株式を取得し、三社間で株式譲渡契約を締結した。

 

PMMの特長と脱炭素化への貢献

スイッチ社のPMMは、風力発電用発電機、大型商船の軸発電機や電気推進船の推進モーターに使用され、従来型の同期発電機・誘導電動機と比較して高効率、小型、軽量などの特徴を備えている。効率的な風力発電や、船舶のエネルギー効率の向上による燃料費の削減により脱炭素化に寄与できる。スイッチ社のPM軸発は1~12MWクラスに対応可能で、韓国・中国を中心に200隻近くの建造船で採用実績があるものの、日本国内の建造船では導入実績が数隻にとどまっている。国際海事機関の掲げる「2050年頃までに温室効果ガス排出ゼロ」を背景に、日本での成長の余地が大きいと見込まれる。

 

BEMACのビジョンと取り組み強化

BEMACは主力製品である主配電盤や監視盤に加え、発電システム、回転機及びインバーターの専門知識を取得し、事業領域をさらに拡大する計画を掲げている。スイッチ社の技術をBEMACの製品に統合し、製品ラインアップの拡充と技術の融合を推進する予定である。BEMACは、三井物産と共同でスイッチ社へ出資することで、日本国内でのPMMの受注拡大と販路の拡充を積極的に進める。この株式取得を通じて、船舶における持続可能なエネルギーソリューションの提供により、BEMACは長期ビジョン2032に掲げる「世界の温室効果ガス排出量の抑制」の取り組みを強化していく。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。