セコムがベネッセ子会社を265億5000万円で買収

2017-09-01
セコム<9735>は、ベネッセホールディングスと丸紅の保有するTMJ(東京都新宿区)の全株式を取得し、子会社化することを発表した。株式取得予定日は2017年10月2日、株式取得価額は265億5000万円。

TMJはベネッセグループのインハウスコールセンターを母体として1992年に創業した会社。現在はベネッセグループ以外にも金融業をはじめとする幅広い業界大手の企業に対して、コールセンター業務を含むアウトソーシング業務を提供している。17年3月期の売上高は331億2500万円、営業利益は14億7400万円、純資産は74億2200万円だった。

セコムは、TMJの持つ経験とノウハウなどを活用することにより、効率化された付加価値の高いサービスを開発・提供しながら、拡大する市場のニーズに幅広く対応することを目指す。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。