M&Aニュース

エア・ウォーター(4088)と中国電力(9504)が、合弁会社2社に関する株式取得・譲渡で基本合意書締結

2022-10-31

エア・ウォーター株式会社(以下、「エア・ウォーター」という。)は、中国電力株式会社(以下、「中国電力」という。)との合弁会社であるエア・ウォーター&エネルギア・パワー山口株式会社(以下、「AWEP山口」という。)とエア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜株式会社(以下、「AWEP小名浜」という。)について、エア・ウォーター株式会社と中国電力との間で株式の取得及び譲渡を行うこととし、基本合意書を締結した。

株式の取得及び譲渡の内容

エア・ウォーターが保有するAWEP山口の株式(発行済株式総数の51%)を中国電力に譲渡するとともに、中国電力が保有するAWEP小名浜の株式(発行済株式総数の49%)をエア・ウォーターが取得します。これにより、AWEP山口は中国電力の完全子会社、AWEP小名浜はエア・ウォーター株式会社の完全子会社となります。



株式の取得及び譲渡の経緯

エア・ウォーターと中国電力は、2つの合弁会社を通じて、2019年7月より防府バイオマス・石炭混焼発電所、2021年4月より小名浜バイオマス発電所の事業運営を行ってきた。これらの発電所では、再生可能エネルギーの普及拡大に寄与するものとして、主に木質ペレットや PKS※を燃料として発電を行い、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)を活用し、その電力を販売している。

両発電所ともに稼働開始から一定期間が経過したことから、このたび、中国電力と両発電所に対する今後の関与について協議した結果、中国地区に立地するAWEP山口については中国電力がすべての株式を取得し、AWEP小名浜についてはエア・ウォーター株式会社社がすべての株式を取得することで合意した。

 ※PKS(Palm Kernel Shell):パーム椰子の種から搾油した後の殻を乾燥して燃料としたもの。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

着手金無料の報酬体系 M&Aとは
安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

M&Aへの想い アドバイザー紹介 M&Aストーリー
信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供します。

M&A成約実績 メディア掲載実績 セミナー実績

M&Aご成約事例
“それぞれの選択”