クラウドワークス(3900)、副業マッチングプラットフォーム運営のシューマツワーカーを買収

2023-03-28
株式会社クラウドワークス(以下、「クラウドワークス」という。)は、2023 年 3 月 28 日開催の取締役会において、以下のとおり、株式会社シューマツワーカー(以下、 「シューマツワーカー」という。)の株式を、既存株主からの譲渡及び第三者割当増資を引き受けることにより取得し、シューマツワーカーを連結子会社化することについて決議した。





株式の取得の理由

クラウドワークスは「個のためのインフラになる」をミッションに、新しい働き方の選択肢を社会に提供すべく、企業と個人とをオンライン上でつなぐ人材マッチングプラットフォームの拡大に努めてきた。現在クラウドワークスのプラットフォームに登録するクライアント企業は 87.5 万社、登録ワーカーは 542 万人を突破し、人材マッチン グ市場のリーディングカンパニーとしての地位を確立している。また昨今、企業や個人の働き方に関する価値観の多様化に伴い、外部の専門人材(副業者・フリーランス)を活用する企業の増加や、副業に取り組む ワーカーが増加するなど、副業市場が活発化が進んでいる。
特に、ハイスキルな副業者に特化した新たなサービス「クラウドリンクス」においては、大手企業に勤めるハイスキル副業人材の登録が 9 万人を突破するなど急成長を遂げている。

シューマツワーカーは 2016 年の設立以来、「ハタラクを自由化し人生の可能性を広げる」をミッションに新しい働き方を安定化/一般化すべく、優秀な副業人材と企業とをマッチングするプラットフォームを運営し、 新しい日本のライフスタイルを創出している。 クラウドワークスはシューマツワーカーをグループ会社として迎えることにより、副業領域でのクライア ントに対してより幅広い人材の提供が可能になることに加え、ワーカーに対してもより多くの働く機会を提供する事が可能になり、クラウドワークスのビジョンである「日本で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」の実現と収益機会の拡大に寄与すると考えている。 以上により、シューマツワーカーをグループ会社として迎えることが中長期的なクラウドワークスの副業領域における事 業基盤の強化や事業価値向上に繋がるものと判断し、同社の子会社化を決定した。 なお、クラウドワークスの過去3年間の経営改善ノウハウを投下し、「投資先行赤字型経営」から「生産性向上による黒字 再投資型経営」へ早期の移行を図っていく。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。