M&Aニュース

日本郵政株式会社、不動産管理業務を新設子会社に会社分割により承継

2024-02-26

日本郵政株式会社、不動産管理業務を新設子会社に会社分割により承継

日本郵政株式会社、不動産管理業務を新設子会社に会社分割により承継

日本郵政株式会社(以下「日本郵政」)は、グループ内の間接業務効率化を目指し、不動産管理等の業務を新設される100%子会社に承継することを発表しました。この会社分割は、2024年7月1日の効力発生日を予定しており、新たに設立される子会社は「日本郵政建築株式会社」と命名されます。

この組織再編は、日本郵政が持株会社としての役割をより効果的に果たすための戦略の一環です。不動産管理業務の専門性を高め、グループ全体のサービス提供品質の向上及び経営効率の向上を目指しています。本分割により、日本郵政グループは中核業務により集中し、競争力のある事業構造への移行を加速させることが期待されます。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

着手金無料の報酬体系 M&Aとは
安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

M&Aへの想い アドバイザー紹介 M&Aストーリー
信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供します。

M&A成約実績 メディア掲載実績 セミナー実績

M&Aご成約事例
“それぞれの選択”