TEL.03-6880-3800

メニュー

映像
業界別M&A動向

映像業界のM&A動向

業界の定義

映像制作業とは、映画や、ドラマ・バラエティ・ドキュメント・報道などのテレビ番組、アニメーション、映画・テレビ・インターネットなどのCM、学校・会社のセミナーなどの教育用映像の制作・配給を行う事業のことを指す。

プロデューサーやディレクター、映像クリエイター、編集者、カメラマン、ライトマン、シナリオライター、音声スタッフなど多くの職種によって成り立っている。



業界の特色
映像業界イメージ画像

映像制作の制作過程は、一般的に企画や予算、シナリオ作成、スタッフの構成を行う「プリプロダクション」、撮影や照明、録音などに関わる「プロダクション」、画像を編集し、ナレーションや音楽をつける「ポストプロダクション」の3つに大きく分業されている。

また、テレビ番組の映像制作はテレビ制作プロダクション、CM制作は映像制作プロダクションといったように、制作プロダクションによって専門分野・得意分野があり、1つのジャンルに特化したプロダクションから様々なジャンルの仕事を請け負うプロダクションが存在する。

近年ではプリプロダクションからポストプロダクションまですべてを行うYouTuberの活躍も目覚ましい。




市場の規模

経済産業省が発表した「2019年情報通信業基本調査」によると、映像情報制作・配給業の2018年度売上高は9,047億円であった。



2019年情報通信業基本調査
出典:https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/joho/result-2/r01/2019kakugaiyo.pdf





日本映像ソフト協会の「映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査2018」の売上高の内訳に注目してみると、映像ソフト市場のうちセル、レンタル、有料動画配信の割合が大きく変化している。セル、レンタルの売上は2007年から大きく減少し、2013年に登場した有料動画配信の売上高が大きく伸張していることがわかっている。

同様に、「オンラインビデオ総研」が示した国内動画広告の市場動向調査結果によると、2012年時点での国内動画広告の市場規模が50億円から2016年調査時点で735億円と数年で14倍以上に成長しており、動画広告市場のデジタルへの移行が顕著に示されている。また、近年成長著しいYouTubeの国内市場規模は2015年の33億円から2017年に217億円、2020年には475億円へと成長しており新たな動画制作の場所へと注目が集まっている。

この映像配信のデジタル化の背景にはスマートフォンの普及と4G(LTE)といった通信システムの成長が大きく影響しており、2020年に登場した5G(第5世代移動通信システム)が今後普及していくことで映像のデジタル化がますます進んでいくことが予想される。




課題と展望
映像制作業界の大きな課題として、労働環境の改善があげられる。数年前までは、主なクライアントであるTV業界が好調だったが、近年のTV離れから、経費削減を目的として映像制作を外部の映像制作会社に委託する傾向が強くなった。映像制作会社は、TV局からの依頼により、厳しいスケジュールと予算を強いられることが多く、映像制作会社に勤務する労働者は、安い賃金に加え、長時間労働という過酷な労働環境で働くことが珍しくない業界となってしまっている。これが原因で、人材不足も深刻な問題になっている。

今後、メディアの多様化により、映像制作会社の顧客もTV局だけでなく、様々な分野に拡がることが予測されるため、余裕のあるスケジュールや制作費を基準にした仕事の受注が、労働環境の改善につながり、会社の人材を引き留める大きな要因になると考えられている。




映像業界のM&A動向

映像制作業業界では、資本強化、事業拡大、優秀な人材の確保、基盤の強化のためのM&A、新たなノウハウ取得のためのM&Aが活発に行われている。

2017年、株式会社フュートレックは TV向けの映像制作を手がけるメディアジャパン株式会社をM&Aした。メディアジャパン株式会社は傘下に広告代理店事業のメディアジャパンエージェンシー株式会社を持つが、将来の経営に携わる人材の不足や資本の増強、収益の安定化などを課題としていた。このM&Aにより、映像事業の強化・拡大やグループ内の事業の相乗効果と、傘下の翻訳事業やインバウンド事業などとの連携を図り、グループ全体の安定的な経営の期待が図られた。

2018年、トレンダーズ株式会社は、美容動画メディア「MimiTV」を YouTube、Instagram、Facebook などのSNSおよびアプリ上で展開する株式会社MimiTVをM&Aした。トレンダーズ株式会社は企業のプロモーション・PR支援などのマーケティング事業を手がけている。このM&Aで、「MimiTV」を活用することによる顧客の多様化・細分化に対応した「マイクロマーケティング」の強化が図られた。

2018年、株式会社KeyHolderの子会社である株式会社KeyProductionは、株式会社BIGFACEのテレビ制作事業を会社分割により取得した。株式会社BIGFACEは、ドキュメンタリーやスポーツ番組、バラエティー番組など幅広い制作実績を持ち、近年では企業CMなど広告映像制作に進出している。KeyHolderが目指すライブ・エンターテインメント事業との親和性が高いことから、今後の事業基盤の構築への寄与が期待された。





弊社のM&Aご成約実績

  • 成約年数
    2020年1月
    対象会社(譲渡会社)
    映像・音声情報制作サービス業
    地域:関東
    譲受会社
    認定放送局
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡
    譲渡企業は、都内で音響制作事業を展開。優良な販路に支えられ、業績は順調に伸びていたが、販路先のテレビ業界の低迷に伴う将来の業績...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2018年8月
    対象会社(譲渡会社)
    コンテンツ制作
    地域:関東
    譲受会社
    配信事業
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,戦略的提携
    譲渡企業は、関東でコンテンツ制作・マーケティング支援業を展開。高い専門性を背景に毎期右肩上がりの成長をしていたが、オーナーは企...
    実績詳細を見る
新着案件情報
  • 詳細業種 映像作品・グッズの企画・制作・版権管理等
    所在地 関東
    概算売上 1億円~2.5億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 水処理プラント工事業
    所在地 関東
    概算売上 5億円~10億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 ベビー製品卸
    所在地 関西
    概算売上 10億円~30億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 海苔の加工卸売業
    所在地 関東
    概算売上 10億円~30億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 産業用機械工具卸業
    所在地 中部・北陸
    概算売上 2.5億円~5億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 自動車販売・リース
    所在地 非公開
    概算売上 30億円~50億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 子供向けタペストリー(節句・七五三・出産祝など)の製造販売
    所在地 非公開
    概算売上 1億円~2.5億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 翻訳業
    所在地 関東
    概算売上 1億円~2.5億円
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 機械部品製造
    所在地 中部・北陸
    概算売上 10億円~30億円
    案件詳細を見る

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。