TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00

メニュー

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
インターネット
業界別M&A動向

インターネット業界のM&A動向

インターネット業界の現状

業界定義

インターネット業とは、インターネットを通じて、通信および情報サービスなどのビジネスを展開する業界を指す。

大きく分類すると、

■企業向けのBtoBビジネス(ホームページ制作・ネットワーク構築・インターネット広告等)

■一般向けBtoCビジネス(SNS・ソーシャルゲーム・ポータルサイト運営・オンラインショッピング等)

インターネット業界の市場規模

平成27~28年のIT業界の業界規模は6兆4,000億。

業界分析

インターネットを利用するためには、回線事業者とインターネットサービスプロバイダー(以下、ISP)の両者と契約する必要がある。
回線事業者はインターネットに接続するための光ファイバーや ADSLといった回線を提供する事業者のことを指し、回線事業者から提供された回線を、インターネットに接続するためのサービスを提供しているのがISPだ。代表的な回線事業者にはNTTのフレッツ光、KDDIのauひかりなどがあり、ISPにはYahoo!BB、OCN、ニフティ、ビッグローブなどがある。

固定のインターネット回線はDSL(アナログ回線)、FTTH(光ファイバー)、CATV(ケーブルテレビ回線)の3つに大別され、今後通信速度が最大毎秒1ギガ(ギガは億)ビット以上の高速通信を実現できる光・CATV回線サービスに集約されていくと予想される。

2006年以降、高速無線通信技術は目覚ましく発展し、単身世帯では、インターネットへのアクセス方法として、モバイルルータ(携帯電話などと同様に、無線でデータ通信機能行うが音声通話機能のない小型の通信端末)の存在感が増している。加えて、スマートフォンの普及により、スマートフォン自体でのインターネット閲覧や、テザリング機能を利用したインターネットへのアクセスも可能となり、インターネットへの接続手段は多様化が進んでいる。こうした流れを受け、無線系サービスとの差別化や、スマートデバイス向けサービスの対応などがISP事業者の課題となっており、ISP事業者は接続サービスだけでなく、有料コンテンツ配信やクラウドサービス、セキュリティー対策などを組み合わせることで成長を目指す。また近年では固定回線だけでなく、携帯電話回線の取り扱いも進め、契約当たり月間平均収入の増加につなげる構えだ。今後は高精細な4Kテレビの普及に加えて、データ量が多い高画質ネットゲームや動画の配信の増加が見込まれるため、より高速な通信サービスを導入する企業も出てきている。

15年3月にはNTT東日本と西日本が光回線の卸売りサービス「光コラボレーション(光コラボ)」を開始した。NTT東西はこれまで「フレッツ光」として光回線サービスを自社で直接販売してきたが、光回線の卸売りサービスによりISPをはじめとするあらゆる事業者が光回線を活用した新サービスを提供できるようになった。前述の通り、インターネットを利用するには、NTT東日本・西日本などの回線事業者と、OCNのようなISPの2社と契約する必要があったが、フレッツ光回線の卸提供を受けた光コラボレーション事業者と契約することで、ユーザーにとってはサービス提供企業の付加サービスや割引の他、サポートや支払いの一体化といったメリットが生まれる。「光コラボ」を使って、綜合警備保障や大和ハウスといった一般事業会社も、通信サービスを手掛けるようになっているが、悪質な電話勧誘を行う業者もおり総務省は注意喚起を行っている。

MM総研によれば2017年3月末時点のFTTH(光ファイバー)の契約数は2,933.1万件で、2016年度(2016年4月~2017年3月)では149.1万件増加し、伸び率は5.4%だった。携帯キャリアによる「光コラボ」での新規顧客獲得を中心として、CATVのFTTH化なども進んでいることから、2015年度の年間純増数119.3万件を大きく上回る結果となった。なお、光コラボ契約数は2017年3月末874.4万件で、FTTH市場全体に占める割合は29.8%となった。FTTH市場におけるNTT東日本と西日本のシェアは合わせて68.4%で、KDDIグループのシェアは13.3%となっている。

業界主要企業

企業名 売上高 営業利益
日本電信電話 11,391,016 800,129
ソフトバンクグループ 8,901,004 1,426,308
KDDI 4,748,259 546,658
NTTコミュニケーションズ(非上場) 918,308 72,312
ジュピターテレコム(非上場) 295,453 58,668
インターネットイニシアティブ 157,789 3,167
ニフティ(非上場) 66,833 648
TOKAIコミュニケーションズ(非上場) 47,548 463
フリービット 35,222 -150
ネクシィーズグループ 14,063 1,216

(単位:百万円)

M&A動向

■ビッグローブ
親会社NECの事業再編の一環として、2014年に投資ファンドの日本産業パートナーズの傘下に入る。その後、KDDIが約800億円でビッグローブの買収を発表。日本産業パートナーズが保有するビッグローブ株を全て取得し、完全子会社化した。この買収によりKDDIはネット接続でNTTコミュニケーションズに次ぐ国内2位に浮上。

■富士通
3分の2強を出資する連結子会社ニフティをTOBによって完全子会社。東証2部に上場していたニフティはTOB終了後、7月19日をもって上場廃止となった。次いで富士通は17年1月、ニフティの個人向けインターネット接続事業を家電量販店のノジマに売却することを発表した。ノジマはニフティとの連携を前面に打ち出し、17年4月からノジマの店舗でニフティの格安スマートフォンの販売を開始した。

弊社のM&Aご成約実績

  • 成約年数
    2013年1月
    対象会社(譲渡会社)
    ソフト開発
    地域:関東
    譲受会社
    コンテンツ企画・開発
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,戦略的提携
    譲渡会社は、ソフトウェア開発において卓越した人材と技術を有し、優良な顧客との長年に亘る直接取引で事業を拡大してきた。

    ...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2006年12月
    対象会社(譲渡会社)
    プロモーション事業
    地域:関東
    譲受会社
    通販事業
    (上場企業)
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,戦略的提携
    譲渡企業はネットプロモーション事業において国内最大の企業である。創業社長は20代と若く、インターネットに関する開発力、創造性に溢...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2006年4月
    対象会社(譲渡会社)
    モバイルコンテンツ開発
    地域:関東
    譲受会社
    モバイルコンテンツ開発
    (上場企業)
    地域:関東
    取引スキーム/問題点・概要
    企業再編,事業譲渡
    対象会社は、スポーツ系モバイルコンテンツ製作において国内屈指の企業。対象領域では数々のサッカーチーム、野球チームと契約し、広告...
    実績詳細を見る
M&A案件情報

M&A譲渡(売却)案件情報

譲渡を検討している
企業様の情報です

非公開情報については、お問合せください

  • 詳細業種 仕出し料理・ケータリング
    所在地 関東
    概算売上 10億円以上
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 化粧品製造・卸売業
    所在地 関東
    概算売上 5
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 プラスチック製品製造
    所在地 中部
    概算売上 5~10憶円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 教材
    所在地 関東
    概算売上 15億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 冷凍パン卸
    所在地 関東
    概算売上 5億円以上
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 人材派遣・製造請負・業務委託
    所在地 関東
    概算売上 40億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 医薬品製造・卸売業
    所在地 近畿
    概算売上 3億円
    希望金額 1億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 調剤薬局
    所在地 関東
    概算売上 1.5億円
    希望金額 1億円
    スキーム 事業譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 タクシー業
    所在地 近畿
    概算売上 6億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る

M&A譲受(買収)案件情報

譲受を検討している
企業様の情報です

非公開情報については、お問合せください

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

まずはお気軽にご相談ください(秘密厳守)

TEL.03-6880-3800
受付時間:
平日10:00~20:00

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00