それぞれの選択
それぞれの選択

M&Aによる
事業の承継・発展を
選択した
経営者たちへの
インタビュー

  • #62
    2023-08-07
    建築デザイン×株式譲渡
    積みあげてきた企業価値を承継するパートナーが見つかった
    譲渡企業
    株式会社リックデザイン
    代表取締役社長
    松本 照久
    譲受企業
    株式会社ティ・シー・シー
    代表取締役
    妹尾 年倫

    主に商業施設や飲食店、フードコートなど建物のデザインを得意とする株式会社リックデザインは、業界内では知られた存在だ。そんな優良企業がなぜ、M&Aという選択をすることになったのか。譲渡側の株式会社リックデザイン代表取締役 松本 照久様と譲受側の株式会社ティ・シー・シー代表取締役 妹尾 年倫様に、本件に関するこれまでの経緯と両社の将来像について伺った。

  • #61
    2023-08-02
    建築用金属製品製造×株式譲渡
    家族で守ってきた優良“モノづくり”企業を次世代へとつなぐM&A
    譲渡企業
    株式会社マルイチ
    代表取締役社長
    安本 重一
    譲受企業
    株式会社SHOTEC
    代表取締役社長
    三田 将也

    今年81歳を迎えた安本重一氏が、今から50年前に創業した株式会社マルイチ。自らが考案し、300種類の特許を取得している屋根材金具の製造販売会社として、業界内で知らない人はいないほど有名な製品を製造する。名だたる大手企業との取引のなかで着実に事業を拡大し、確かな実績と信頼を積み重ねてきた優良企業が、なぜM&Aを決意することになったのか。創業者である安本重一様、その妹で経営をささえてきた上中野順子様、そして譲受側の株式会社SHOTECの三田将也社長、三田佑香副社長に、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #60
    2023-08-01
    動物病院×株式譲渡
    新しい時代を生き抜くための 新しいリーダーを見つけることができた
    譲渡企業
    株式会社札幌総合動物病院
    代表取締役社長
    土佐 悦朗
    譲受企業
    株式会社Withmal
    代表取締役社長
    山崎 智輝

    “理想の動物医療の実現”という大きな志を抱き、若き獣医師たちが北海道札幌市で開業を果たし、牛馬といった大型動物から犬猫などのペットまで、幅広い診療を行ってきた株式会社札幌総合動物病院。長きにわたり、地域に根ざした頼れる動物病院として圧倒的支持を集めてきた同院がなぜM&Aを決意することになったのか。代表である土佐悦朗様、譲受側の株式会社Withmal代表の山崎智輝様に、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #59
    2023-07-26
    受変電設備メンテナンス×株式譲渡
    2代目社長が「1%も考えていなかった」M&Aに踏み切った理由
    譲渡企業
    株式会社電研エンジニアリング
    代表取締役
    春名 顕
    譲受企業
    株式会社マイスターエンジニアリング
    代表取締役社長
    平野 大介

    ビルや工場にある受変電設備のメンテナンス業を営む株式会社電研エンジニアリング。高い技術力と実直な姿勢が評価されニーズが高まる中、人手不足に悩んでいた同社の春名 顕代表取締役社長は「もともとM&Aは1%も考えていなかった」と語る。そんな春名氏がなぜ、M&Aを決意することになったのか。また、なぜM&Aキャピタルパートナーズを選んだのか。春名氏と譲受側である株式会社マイスターエンジニアリングの平野 大介代表取締役社長に、経緯や生まれた効果などについてうかがった。

  • #54
    2023-04-26
    ソフトウェア開発×株式譲渡
    限りなく価値観の近いパートナーを見つけてくれた
    譲渡企業
    株式会社アプリ
    代表取締役社長
    泉屋 浩二
    譲受企業
    株式会社システムシェアード
    代表取締役社長
    徐 日柱

    2003年の創業以来、高度かつ独自の技術開発力をベースに、主に大手空調機器メーカー向けの組み込みソフトウェア開発に従事してきた株式会社アプリ。顧客からの絶大な信頼を獲得し、着実に成長を続けてきた優良企業がなぜM&Aを決意することになったのか。どうして、そのパートナーとしてM&Aキャピタルパートナーズを選んだのか。株式会社アプリ 代表取締役の泉屋浩二様、譲受側の株式会社システムシェアード 代表取締役社長 徐日柱様に、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #50
    2023-02-03
    精密機械器具卸×株式譲渡
    理念・ビジョンの共感が決め手になった
    譲渡企業
    エフビーオートメ株式会社
    代表取締役
    平野 富義
    譲受企業
    エア・ブラウン株式会社
    代表取締役社長
    立岡 道広

    分析装置・環境関係測定装置に使用される電磁弁・ポンプなどの販売、およびセキュリティシステムの提案、設計施工を手掛けるエフビーオートメ株式会社。単にエンドユーザーとメーカーをつなぐだけではなく、そこに技術的観点を加えることで絶大的な信頼を集めてきた。昭和48年の創業以来、着実に成長を遂げてきた優良企業が、なぜM&Aを決意することになったのか。どうして、そのパートナーとしてM&Aキャピタルパートナーズを選んだのか。創業社長であった平野富義様と、譲受側のエア・ブラウン株式会社の代表取締役社長 立岡道広様、電子機

  • #48
    2022-12-27
    電気工事業×株式譲渡
    地域にとって“なくてはならない”会社の存続を守ったM&A
    譲渡企業
    中央電氣株式会社
    代表取締役社長
    木下 満広
    譲受企業
    株式会社ETSホールディングス
    代表取締役社長
    加藤 慎章

    長年にわたり、四国電力送配電株式会社からの信頼に応えながら、四国エリアの電力安定供給に貢献してきた中央電氣建設株式会社。着実に成長を遂げてきた中で、なぜM&Aを決意することになったのか。どうして、そのパートナーとしてM&Aキャピタルパートナーズを選んだのか。中央電氣建設株式会社の木下 満広代表取締役社長と奥様の木下 恵子取締役、譲受側の株式会社ETSホールディングスの加藤 慎章代表取締役社長に、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #46
    2022-11-29
    製造業×株式譲渡
    お互いに「誠実さ」を大切にしたM&A
    譲渡企業
    日本計器株式会社
    代表取締役
    安田 雅章
    譲受企業
    株式会社セイワホールディングス
    代表取締役
    野見山 勇大

    設計から生産まで一貫したオーダーメイドで液面計を開発し、独自のノウハウ・スキルを有することで、圧倒的なシェアを確立してきた日本計器株式会社。着実に成長を遂げてきた同社が、なぜM&Aを決意することになったのか。どのような経緯で、M&A仲介のパートナーとしてM&Aキャピタルパートナーズを選んだのか。日本計器株式会社の社長である安田雅章様と安田様の奥様で取締役の安田久美子様、そして譲受側の株式会社セイワホールディングスの代表取締役 野見山勇大様、取締役最高財務責任者 井川径成様に、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #44
    2022-09-22
    調剤薬局×事業譲渡
    一本の電話から始まった、薬局の事業承継
    譲渡企業
    有限会社フタバ堂
    代表取締役社長
    川田 博已

    北海道旭川市で約60年もの間、地域の医療機関、患者様の健康を支えてきた調剤薬局「有限会社フタバ堂」。近年問題となっている薬剤師不足などの課題を乗り越えながら、地域の健康を守るために家族で力を合わせて運営を続けてきた。そんな信頼も厚い優良企業がなぜM&Aによる譲渡を考えるようになったのか。決断に至るまでの経緯についてうかがった。

  • #42
    2022-08-24
    設備工事×株式譲渡
    次代へつなぐためにM&Aで経営基盤を整えた
    譲渡企業
    大倉設備工業株式会社
    代表取締役会長
    鈴木 淳

    昭和40年の創業以来、神奈川県鎌倉市を中心に戸建住宅、集合住宅などの給排水衛生設備工事を手掛けてきた大倉設備工業株式会社。2代目となる鈴木淳氏は、創業者である父親から引き継いだ会社を着実に成長させてきた。信頼している従業員と経理を担っている奥様、また、多忙を極めている両親を気遣うご息女たちと共に守ってきたこの会社。なぜM&Aによる譲渡を考えるようになったのか。決断に至るまでの経緯についてうかがった。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。