それぞれの選択
それぞれの選択

M&Aによる
事業の承継・発展を
選択した
経営者たちへの
インタビュー

  • #72
    2024-01-22
    製造業×株式譲渡
    息子に最適なかたちでバトンを渡すために
    譲渡企業
    白金鍍金工業株式会社
    会長
    笹野恭史
    譲受企業
    日本ものづくり事業承継投資株式会社
    代表取締役
    髙村徳康

    自動車の街・愛知県で70年以上にわたり「めっき加工」を手がけてきた白金鍍金工業株式会社。プラスチックめっきのパイオニアとしても知られ、業界を牽引してきた同社は、2023年7月、社長交代を機に、セレンディップ・フィナンシャルサービス株式会社と新生企業投資株式会社との共同投資ファンドである日本ものづくり事業承継投資株式会社に譲渡を行い、出資を受けた。なぜM&Aを検討し、決意したのか。これまでの経緯と今後について、白金鍍金工業株式会社 会長の笹野恭史様と、譲受企業である日本ものづくり事業承継投資株式会社 代表取締役、セレンディップ・ホールディングス株式会社 取締役CIOである髙村徳康様に伺った。

  • #51
    2023-02-15
    八百屋×株式譲渡
    心強い右腕が見つかり 全国展開へ向け、さらなる成長の加速
    譲渡企業
    株式会社F・イスト
    代表取締役社長
    栗原 貴史
    譲受企業
    株式会社ブルパス・キャピタル
    代表取締役
    梅村 崇貴

    「八百心」の屋号にて、首都圏近郊の生鮮食品スーパーマーケットやディスカウントストア内を中心に約30店舗を展開する株式会社F・イスト。代表の“目利き”により、新鮮な青果物を安価で提供することで、テナントの集客力向上に貢献してきた。今もなお、多くの小売企業からの引き合いが相次ぎ、店舗数の増加とともに成長を続ける同社が、なぜM&Aを決意することになったのか。代表取締役社長 栗原 貴史氏、および同社への投資を実行した株式会社ブルパス・キャピタルの代表取締役 梅村 崇貴氏とヴァイスプレジデント 毛塚 瑞紀氏とともに、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #47
    2022-12-01
    人材派遣×株式譲渡
    さらなる成長発展のために、強いパートナーと組む必要がある
    譲渡企業
    タカコーホールディングス株式会社
    代表取締役社長
    早坂 泰山
    譲受企業
    エンデバー・ユナイテッド株式会社
    マネージャー
    近藤 和樹

    栃木県小山市を中心に、エンジニア・オフィスワーク派遣や外国人労働者の派遣など幅広い派遣事業を展開するタカコーホールディングス株式会社。36歳の時に早坂泰山氏が社長に就任してから飛躍的な成長を遂げ、北関東最大級の派遣会社として認識されるまでに至った。地域でも屈指の優良企業がなぜ、M&Aを決意することになったのか。譲受側のファンドであるエンデバー・ユナイテッド株式会社のマネージャー近藤和樹氏とともに、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #46
    2022-11-29
    製造業×株式譲渡
    お互いに「誠実さ」を大切にしたM&A
    譲渡企業
    日本計器株式会社
    代表取締役
    安田 雅章
    譲受企業
    株式会社セイワホールディングス
    代表取締役
    野見山 勇大

    設計から生産まで一貫したオーダーメイドで液面計を開発し、独自のノウハウ・スキルを有することで、圧倒的なシェアを確立してきた日本計器株式会社。着実に成長を遂げてきた同社が、なぜM&Aを決意することになったのか。どのような経緯で、M&A仲介のパートナーとしてM&Aキャピタルパートナーズを選んだのか。日本計器株式会社の社長である安田雅章様と安田様の奥様で取締役の安田久美子様、そして譲受側の株式会社セイワホールディングスの代表取締役 野見山勇大様、取締役最高財務責任者 井川径成様に、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #45
    2022-10-07
    教育×株式譲渡
    コロナ禍を乗り越え、さらなる成長を加速させる。
    譲渡企業
    ISIグローバル株式会社
    代表取締役社長
    荻野 正昭
    譲受企業
    株式会社日本産業推進機構
    マネージャー
    大橋 俊介

    「世界をつなぐ、夢と人づくり。」をコーポレート・ステートメントとして、国内最大級の日本語学校の運営と専門学校、外国大学日本校、留学事業を展開するISIグローバル株式会社。創業以来、順調な発展を続け、業界最大手にまで上り詰めた同社がなぜ、M&Aを決意することになったのか。2代目社長として、グループ拡大を成功に導いた代表取締役の荻野正昭氏と、譲受側のファンド・株式会社日本産業推進機構の大橋俊介氏に、これまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #44
    2022-09-22
    調剤薬局×事業譲渡
    一本の電話から始まった、薬局の事業承継
    譲渡企業
    有限会社フタバ堂
    代表取締役社長
    川田 博已

    北海道旭川市で約60年もの間、地域の医療機関、患者様の健康を支えてきた調剤薬局「有限会社フタバ堂」。近年問題となっている薬剤師不足などの課題を乗り越えながら、地域の健康を守るために家族で力を合わせて運営を続けてきた。そんな信頼も厚い優良企業がなぜM&Aによる譲渡を考えるようになったのか。決断に至るまでの経緯についてうかがった。

  • #42
    2022-08-24
    設備工事×株式譲渡
    次代へつなぐためにM&Aで経営基盤を整えた
    譲渡企業
    大倉設備工業株式会社
    代表取締役会長
    鈴木 淳

    昭和40年の創業以来、神奈川県鎌倉市を中心に戸建住宅、集合住宅などの給排水衛生設備工事を手掛けてきた大倉設備工業株式会社。2代目となる鈴木淳氏は、創業者である父親から引き継いだ会社を着実に成長させてきた。信頼している従業員と経理を担っている奥様、また、多忙を極めている両親を気遣うご息女たちと共に守ってきたこの会社。なぜM&Aによる譲渡を考えるようになったのか。決断に至るまでの経緯についてうかがった。

  • #41
    2022-08-01
    ウェブ広告×株式譲渡
    発展的M&Aにより、事業拡大のビジョンが鮮明になった
    譲渡企業
    アクター株式会社
    代表取締役社長
    近藤 敦
    譲受企業
    株式会社エルテス
    代表取締役
    菅原 貴弘

    地元・岡山県を中心にウェブ広告を軸としたデジタルマーケティングをはじめ、ハイスペックなITコンサルテーションや独自の技術を有するアクター株式会社。金融機関など優良顧客からの絶大なる信頼を集めてきた同社が、なぜM&Aを決意することになったのか。 代表取締役社長の近藤 敦様と、譲受側の株式会社エルテスの代表取締役 菅原 貴弘様にこれまでの経緯と未来についてうかがった。

  • #40
    2022-07-28
    プラントエンジニアリング×株式譲渡
    業界にインパクトを与えるM&Aで 衰えかけていた経営意欲が再燃
    譲渡企業
    大隅機設株式会社
    代表取締役社長
    興梠 圭太
    譲受企業
    日建リース工業(日建レンタコム)株式会社
    経営管理部
    大川 立輔

    昭和36年の創業以来、京浜工業地帯における数多くのプラント建設、メンテナンスに鳶工事業者として携わってきた大隅機設株式会社。60年の歴史の中で培ってきた技術力と信頼性を武器に、業界内で名の通った企業へと発展を遂げてきた。そのような優良企業が、なぜM&Aを決意することになったのか。どうして、そのパートナーとしてM&Aキャピタルパートナーズを選んだのか。代表取締役社長である興梠 圭太 様と、譲受側の日建リース工業(日建レンタコム)株式会社 経営管理部 大川 立輔 様にこれまでの経緯と未来について伺った。

  • #37
    2022-04-26
    不動産×株式譲渡
    人生をかけてきた会社を手放す。時を読み、誰に託すかが重要だった
    譲渡企業
    株式会社プリンセススクゥエアー
    代表取締役
    出口 博俊

    前社長から“預かった”会社と社員を守りながら、外的要因に左右されやすい不動産業界の荒波を乗り越え、着実に成長を果たしてきた株式会社プリンセススクゥエアー。圧倒的なリーダーシップを発揮しながら会社を引っ張ってきた出口博俊社長は、なぜ愛着ある会社に対して、M&Aによる譲渡を考えるようになったのか。決断に至るまでの経緯をうかがった。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
アドバイザーが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。