TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
TEL.03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00

メニュー

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00
紙パルプ
業界別M&A動向

紙パルプ業界のM&A動向

業界の定義

紙・パルプ会社とは、古紙・パルプ(木材)を原料に、各種の紙や板紙製品を製造する事業者のことを指す。これらに加え、紙から紙加工品を製造する事業所も紙・パルプ業界に含まれることもある。原料は、約6割が古紙、約4割がパルプ(木材)の割合で、主な用途は、印刷情報用紙や新聞用紙、包装用紙、トイレットペーパーやティッシュ等の衛生用紙などがあげられる。



業界の特色
紙・パルプ業かイメージ画像

紙・パルプ業界は、ペーパーレス化やデジタル化の時代背景から、紙の需要が低下し、業界全体が縮小傾向にある。そんな中で特徴的なのは、企業が活路を見出すべく、紙の製造以外の分野へ進出していることだ。例えば原料である古紙・パルプを紙の製造以外の用途として利用することがあげられる。

近年では、パルプの研究が進み、セルロースナノファイバーと呼ばれる素材が開発された。セルロースナノファイバーとは、パルプを1ミクロンの数百分の一以下のナノオーダーにまで高度に微細化した世界最先端のバイオマス素材である。この素材は、自動車の部品や、フィルター部材、家電や建材、鉄道などの交通インフラなど、多くの分野で利用されることが期待されており、商用化されれば、紙・パルプ業界にとって大きな収益源になる可能性がある。

また、原料が古紙・パルプであることから、森林などの環境と密接にかかわる産業であり、森林事業や環境対策事業なども注目されている。廃棄物の再資源化率を98%が以上であることや、温室効果ガス排出量の削減、自社林の生物多様性の保全や自社の資源と技術を活かした活動、古紙の利用拡大による循環型社会形成の実現のためにリサイクルが難しい種類の紙も利用できる技術を開発するなど、幅広い環境対策事業が行われている。



古紙リサイクルに関するグラフ
出典:https://www.jpa.gr.jp/states/global-view/index.html





これらのような取り組みもあり、日本の古紙リサイクルは、利用率・回収率ともに世界トップクラスといえる。



市場の規模

「2019年経済産業省生産動態統計年報 紙・印刷・プラスチック製品・ゴム製品統計編」によると、紙・パルプ業界の販売金額は、紙が1兆6,718億円でパルプが627億円の計1兆7,345億円であった。紙の内訳は、新聞用紙が2,650億円、印刷情報用紙が8,012億円、包装用紙が1,002億円、衛生用紙が3,340億円、雑種紙が1,713億円となっている。

紙・パルプの生産は、紙が1,350万2,275トンでパルプが837万3,969トンの計2,187万6,244トンであった。紙の内訳は、新聞用紙が242万2,120トン、印刷情報用紙が751万1,760トン、包装用紙が89万9,323トン、衛生用紙が183万1,023トン、雑種紙が83万8,049トンとなっている。

紙・パルプ業界は、王子ホールディングス株式会社と日本製紙株式会社の2強となっている。売上(紙・パルプ事業以外も含む)は、王子ホールディングス株式会社が1兆5,076億、日本製紙株式会社が1兆439億円であり、続いて大王製紙株式会社が5,464億円、北越コーポレーション株式会社が2,758億、三菱製紙株式会社が1,945億円などとなっている。




課題と展望

紙・パルプ業界は、人口減少や少子化、ペーパーレス化、デジタル化に伴い、国内需要は減少が続いている。日本製紙連合会の調査によると、紙・パルプを原料とする紙の国内需要は、2014年以降、前年比1.8%減、3.4%減、2.1%減、2.3%減、4.3%減、3.5%減と減少を続けており、深刻な課題になっている。

各事業者には、縮小する国内市場に対するアプローチに加え、需要増が期待できる海外市場や、原料である紙・パルプの研究開発から派生する別分野への事業拡大が求められている。




紙・パルプ業界のM&A動向

紙・パルプ業界では、海外への事業拡大のためのM&Aや、利益率向上のためのM&A、相乗効果に期待するM&Aなどが活発に行われている。特に、大王製紙株式会社は、2017年2月~2020年2月の間に5件のM&Aを成立させており、今後の動向に注目が集まっている。

2017年2月、大王製紙株式会社は、日清紡ホールディングス株式会社から日清紡ペーパープロダクツ株式会社の全株式を譲受した。このM&Aにより、家庭紙事業での売上確保と高級ブランドの取得による利益率の向上を実現できた。

2017年2月、大王製紙株式会社は、企業向けパンフレットやパッケージ印刷などの商業印刷を手がける三浦印刷株式会社をTOB(株式公開買い付け)で買収すると発表した。このM&Aにより、印刷事業の強化とともに、紙需要の拡大が図られた。

2019年12月、大王製紙株式会社の子会社であるダイオープリンティング株式会社は、通販業者向けのカタログ、ポスター、チラシなどの印刷を手がける株式会社千明社と事業の譲受に関する事業譲渡契約の締結した。2020年1月に、ダイオープリンティング株式会社の100%子会社である新会社を設立し、譲受した事業は新設会社が引き継ぐことになった。大手の優良顧客を多く抱えている株式会社千明社の事業を譲受することで、相乗効果が期待された。

2020年2月、大王製紙株式会社は、トルコの衛生用品メーカーであるウゼンの全株式を取得して完全子会社化した。トルコに衛生用品の生産拠点を持つことで、中東やロシアなどへの事業拡大が期待されている。

2020年2月、大王製紙株式会社および丸紅株式会社は、ブラジルの衛生用品大手サンテルの全株式を取得し、子会社した。このM&Aにより、衛生用品を軸に新興国を中心とする海外市場への事業拡大が図られた。




弊社のM&Aご成約実績

  • 成約年数
    2020年4月
    対象会社(譲渡会社)
    パッケージ印刷
    地域:関東
    譲受会社
    印刷
    地域:近畿
    取引スキーム/問題点・概要
    55歳以上,株式譲渡
    譲渡企業は、首都圏でパッケージ印刷を展開。大手日用品・製薬会社の顧客に差支えられ、業績は好調であったが、社長にご子息がいないた...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2019年5月
    対象会社(譲渡会社)
    紙袋製造
    地域:関東
    譲受会社
    包装資材製造
    地域:九州
    取引スキーム/問題点・概要
    55歳以上,株式譲渡,後継者不在
    譲渡企業は、関東でクラフト紙袋製造事業を展開。財務内容も良く、利益も安定し業績好調であったものの後継者不在の不安を感じしていた...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2017年7月
    対象会社(譲渡会社)
    紙文具製品の企画・販売
    地域:東日本
    譲受会社
    商業印刷
    地域:東日本
    取引スキーム/問題点・概要
    事業承継,株式譲渡,後継者不在
    譲渡企業は紙文具製品の企画販売会社。創業50年以上の歴史があり、製品も財務も優良な企業であったが、後継者不在、業界の先行きに不安...
    実績詳細を見る
  • 成約年数
    2012年6月
    対象会社(譲渡会社)
    化粧品企画販売卸
    地域:関東
    譲受会社
    包装資材製造
    地域:関西
    取引スキーム/問題点・概要
    株式譲渡,後継者不在
    譲渡会社はヘアケア化粧品分野で強固な顧客基盤とブランドを有している。オーナーは精力的に第一線で活躍されていたが、将来的な後継者...
    実績詳細を見る
M&A案件情報

M&A譲渡(売却)案件情報

譲渡を検討している
企業様の情報です

非公開情報については、お問合せください

  • 詳細業種 イベント機材レンタル
    所在地 関東
    概算売上 約7億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 システム開発
    所在地 関東
    概算売上 10億以上
    希望金額 応相談
    スキーム
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 一般貨物運送
    所在地 九州
    概算売上 11億円
    希望金額 1億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 物流業(食品・印刷物等)
    所在地 四国
    概算売上 2億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 建設業
    所在地 中部
    概算売上 15億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 ケータリング
    所在地 関東
    概算売上 5億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 電気通信工事業
    所在地 近畿
    概算売上 非公開
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 空調設備工事
    所在地 近畿
    概算売上 5億円
    希望金額 1億円
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る
  • 詳細業種 基礎工事・地盤改良工事等
    所在地 中部
    概算売上 5億円
    希望金額 応相談
    スキーム 株式譲渡
    案件詳細を見る

M&A買収ニーズ情報

譲受を検討している
企業様の情報です

非公開情報については、お問合せください

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証一部上場

東証一部上場の信頼性と、
独自のデータ基盤の
活用により、ベストな
マッチングをご提供。

まずはお気軽にご相談ください(秘密厳守)

TEL.03-6880-3800
受付時間:
平日10:00~20:00

お問い
合わせ

03-6880-3800
受付時間:平日10:00~20:00