プロeスポーツチームの戦国、木村情報技術と資本業務提携

2021-07-07
株式会社QTnetのグループ会社である株式会社戦国は、ライブ配信サービスやAIサービス開発を展開する木村情報技術株式会社を引受先とした第三者割当増資を2021年7月に実施し、資本業務提携を行ったことを発表した。

現在、eスポーツの市場は首都圏が中心となっており、地域の取り組みでは各地方自治体などによるものが多くを占めている。
eスポーツの更なる発展には、企業が主導する地域からの取り組み・盛り上がりが不可欠なものとなり、九州を拠点とする戦国と木村情報技術が共に地域からeスポーツを盛り上げていきたいという理念が合致し、資本業務提携を行うこととなった。

今後は、QTnetが8月にオープンするSengoku Gamingのホームスタジアム「Challenger’s Park(福岡市天神)」における共同での大会開催・配信や、AI×eスポーツの新たなサービス開発などを行い、地域からeスポーツを共に盛り上げ、eスポーツを通じて社会を豊かにしていくとしている。

M&Aキャピタル
パートナーズが

選ばれる理由

私たちには、オーナー経営者様の
決心にこたえられる理由があります

納得の料金体系

着手金や月額報酬を
いただくことなく、
お相手企業と基本合意にいたるまで、無料で支援いたします。

安心の専任担当制

検討初期から成約まで
オーナー経営者様専任の
コンサルタントが
寄り添います。

信頼の東証プライム上場

東証プライム上場の信頼性と、独自のデータ基盤の活用により、ベストなマッチングをご提供。