M&Aニュース

「カラオケ館」運営会社がシダックスのカラオケ事業を取得

2018-05-30

B&V(東京都新宿区)は、シダックス<4837>の連結子会社シダックス・コミュニティーの81%株式と97億円分の債権を取得し、子会社化することを発表した。株式取得予定日は2018年6月7日。

シダックス・コミュニティーはレストランカラオケ店舗の運営を行う会社。18年3月期の売上高は182億1200万円、営業損失は12億4700万円で、32億6000万円の債務超過に陥っている。近年、シダックスのレストランカラオケ事業の収益は悪化しており、B&Vに株式を譲渡することで事業ポートフォリオを転換し、好調なトータルアウトソーシング事業に注力する。

B&Vはシダックス・コミュニティーを子会社化することで、経営指導、資金支援などを行い、既存店舗のリニューアル、オペレーションなどの改善による店舗の原価率の低下を図る。

pagetop